野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は「また故障しかねない」 斉藤和巳氏が指摘するフォームの“問題点”

大谷翔平は「また故障しかねない」 斉藤和巳氏が指摘するフォームの“問題点”

今シーズン、二刀流としてメジャーリーグに挑戦、投手としては10試合に登板し4勝2敗、打者としては打率.285の成績を残したエンゼルスの大谷翔平選手。右肘靭帯損傷後は打者に専念したが、開幕直後は投打で活躍した。2003年と2006年と2度にわたり沢村賞を受賞した元ソフトバンクの斉藤和巳氏は、大谷の1年目をどう見ているのか。話を聞いた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

再び故障する可能性も? NPB時代に痛めた足首の影響も指摘

 今シーズン、二刀流としてメジャーリーグに挑戦、投手としては10試合に登板し4勝2敗、打者としては打率.285の成績を残したエンゼルスの大谷翔平選手。右肘靭帯損傷後は打者に専念したが、開幕直後は投打で活躍した。2003年と2006年と2度にわたり沢村賞を受賞した元ソフトバンクの斉藤和巳氏は、大谷の1年目をどう見ているのか。話を聞いた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 打者としては104試合に出場し打率.285をマーク、22本塁打を放ち61打点を記録したが、怪我の影響もあり投手としては10試合の登板にとどまった。それでも斉藤氏は1年目の結果を評価する。

「ピッチャーとしては、その能力からすると怪我もあったので物足りなさを感じますが、二刀流の大変さ、そしてメジャー1年目の苦労は間違いなくあったと思います。評価は難しいと思いますが、メジャーでも通用することは十分証明できたのではないでしょうか」

 レギュラーシーズン終了翌日に右肘の手術を受けたため、来シーズンは打者に専念するが、それが投手としてのキャリアに影響することはないだろうと斉藤氏は見ている。

「今シーズン10試合投げて、ある程度メジャーのバッターを感じられた部分はあると思います。この1、2年で他球団も含めてチームの中の選手が変わる可能性はありますが、メジャーの野球が大きく変わるということはないでしょう。なので、彼の投手生命に大きな影響はないと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」