野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打率.154も“キャノン”連発の鷹・甲斐も候補、広島逆転なら…日本SのMVPは?

日本シリーズはソフトバンクが日本一に王手をかけている。このタイミングで、今シリーズのMVPを予想したい。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

ホークスが王手をかけて第6戦、MVPは日本一を決めた試合での殊勲者か

 日本シリーズはソフトバンクが日本一に王手をかけている。このタイミングで、今シリーズのMVPを予想したい。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 あと1勝に迫ったソフトバンクだが、MVP選出は現状ではなかなか悩ましい状態だ。

◯打撃陣 5試合の成績上位

デスパイネ 4試12打4安2本6点 率.333
柳田悠岐 5試18打5安1本4点 率.278 勝利打点1
中村晃 5試21打6安0本3点 率.286 勝利打点1
上林誠知 4試19打3安1本2点 率.158 勝利打点1
明石健志 5試12打3安1本1点 率.250
今宮健太 4試14打5安0本1点 率.357

 勝利打点は3人が各1つずつ。日替わりでヒーローが出ている状態だ。ポストシーズン全体ではデスパイネが勝負強さを見せているが、第5戦は故障で戦線離脱。今のところ本命はいない。日本一を決めた試合での殊勲者がMVP候補になるのではないか。

◯投手陣

東浜巨 1登1勝0敗5回 防御率1.80
ミランダ 1登1勝0敗5回 防御率5.40
森唯斗 4登0勝0敗2S2H 4回1/3 防御率0.00
高橋礼 3登0勝0敗0S3H 1回2/3 防御率0.00
武田翔太 4登0勝0敗0S2H 5回2/3 防御率1.59
嘉弥真新也 4登0勝0敗0S2H 3回 防御率0.00
モイネロ 4登0勝0敗0S2H 2回1/3 防御率3.86

 先発は千賀、バンデンハーク、東浜だが、その中では東浜が候補か。むしろ救援陣の活躍が目立つ。特にクローザーの森は4登板で2セーブ、2ホールド、しかも自責点0。イニングまたぎもあった。打者、先発陣にめぼしい選手が出なかった場合は、森が有力候補になるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」