野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 甲子園の“スター”も…高校で活躍しプロ入りも、今オフ戦力外となった主な選手

甲子園の“スター”も…高校で活躍しプロ入りも、今オフ戦力外となった主な選手

日本シリーズはソフトバンクが広島を4勝1敗1分で破り、2018年のプロ野球シーズンも終了となった。一方で、シリーズ終了の翌日は第2次戦力外通告期間の終了日(日本シリーズ出場球団は5日後まで)でもある。今年もドラフトを経てプロ入りする選手がいる一方、多数の選手が戦力外通告を受けている。その中には、かつて甲子園で華々しく活躍した選手も数多い。高校で輝き、そのままドラフトで指名されて高卒でプロ入りしながら、今オフに非情通告を受けた主な選手たちをピックアップした。

ヤクルト・鵜久森淳志とオリックス・佐藤世那(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・鵜久森淳志とオリックス・佐藤世那(左から)【写真:荒川祐史】

仙台育英で準優勝のオリ佐藤世は1軍登板なく…

 日本シリーズはソフトバンクが広島を4勝1敗1分で破り、2018年のプロ野球シーズンも終了となった。一方で、シリーズ終了の翌日は第2次戦力外通告期間の終了日(日本シリーズ出場球団は5日後まで)でもある。今年もドラフトを経てプロ入りする選手がいる一方、多数の選手が戦力外通告を受けている。その中には、かつて甲子園で華々しく活躍した選手も数多い。高校で輝き、そのままドラフトで指名されて高卒でプロ入りしながら、今オフに非情通告を受けた主な選手たちをピックアップした。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

◯中井大介(巨人)

 三重・宇治山田商では外野手兼投手として活躍。3年時の2007年夏の選手権2回戦で、優勝した佐賀北(佐賀)戦では途中登板で佐賀北のエース・久保と投げ合い、打でも走者一掃の三塁打を放つなど活躍したが、延長15回の末引き分け。再試合に先発したが敗れた。

 その年の高校生ドラフトで巨人に3巡目指名を受け入団。09年にはプロ1号本塁打を放ち、2015年には第83代4番打者に起用されたが結果を出せず。今年は70試合出場で.186、1本塁打、6打点に終わり、戦力外通告を受けた。原辰徳・高橋由伸両監督も覚醒を期待して辛抱強く起用したが、プロ11年にして戦力外通告を受けた。

◯佐藤世那(オリックス)

 宮城・仙台育英のエースとして。2015年の選抜大会では2回戦で敦賀気比に1-2で敗れた。同年夏の選手権では決勝に進出、東海大相模・小笠原慎之介(現中日)と投げ合い、6-10で敗れたが準優勝した。平沢大河(ロッテ)はチームメート。

 同年ドラフト6位でオリックスに入団。昨オフのアジア・ウインターリーグにウエスタン・リーグ選抜の一員として出場した時にサイドスローでの投球を試し、今年の春季キャンプから本格的に転向。しかし1軍登板は1試合もなく、戦力外通告を受けた。

◯鵜久森淳志(ヤクルト)

 2004年、春の選抜大会に初出場した愛媛・済美の4番として2本塁打を放ち、初優勝に貢献。夏の選手権でも、決勝で駒大苫小牧に敗れたものの、3本塁打を放って準優勝に輝いた。その年のドラフトでは8巡目で日本ハムに指名され入団した。

 15年まで在籍した日本ハムでは、2012年にはイースタン・リーグ本塁打王を獲得し1軍でも4本塁打を放った。長打力を買われて代打や指名打者として起用されたが1軍に定着しきれず、15年オフに戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加。ヤクルトが獲得し、翌16年にはキャリアハイの46試合出場、打率.257、4本塁打、19打点を記録。8月の阪神戦では自身初の満塁本塁打を打ち、昨年4月のDeNA戦でも代打サヨナラ満塁本塁打を放つなど長打力を発揮したものの、今年は19試合出場にとどまり、再び戦力外通告を受けた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」