野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武コーチングスタッフ発表、松井稼頭央2軍監督は背番号77「身が引き締まる」

西武コーチングスタッフ発表、松井稼頭央2軍監督は背番号77「身が引き締まる」

西武は4日、2019年のコーチングスタッフを発表した。新たに2軍監督への就任が決まった松井稼頭央氏ほか、小野和義氏(1軍投手コーチ)、平尾博司氏(2軍打撃兼・守備走塁コーチ)、清川栄治氏(2軍巡回コーチ)の4人がメットライフドームにて就任会見を行った。

西武は松井稼頭央2軍監督(左から2番目)ら来季コーチングスタッフを発表【写真:岩国誠】
西武は松井稼頭央2軍監督(左から2番目)ら来季コーチングスタッフを発表【写真:岩国誠】

4人が就任会見、小野1軍投手コーチは「四球の多さを改善したい」

 西武は4日、2019年のコーチングスタッフを発表した。新たに2軍監督への就任が決まった松井稼頭央氏ほか、小野和義氏(1軍投手コーチ)、平尾博司氏(2軍打撃兼・守備走塁コーチ)、清川栄治氏(2軍巡回コーチ)の4人がメットライフドームにて就任会見を行った。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 現役引退からすぐに2軍監督となる松井氏は「身の引き締まる思いです。若い選手が多い中、自分も一緒に汗をかきながら、コーチングスタッフと共にしっかりやっていきたい」と、現在の心境を緊張の面持ちで語った。背番号は77となり、現在、77番をつけている赤田コーチは86へ変更となる。

 そして、編成部から1軍投手コーチに復帰した小野氏は「7年ぶりの現場になります。外から見ていて素晴らしい素材を持った投手が多い。四球の多さを改善していきたい」と投手陣再建への思いを語ると、初のコーチ就任となった平尾氏は「引退して6年間、外から見てきて思うところもある。ファームなので1軍で使える選手を育てたい。自分も勉強しながらやっていきたい」。育成担当からコーチ復帰となった清川氏は「ライオンズに来て5年、いろいろな形で選手たちを見てきました。今回、渡辺SDからも言われましたが、いい意味で便利屋として、1、2軍の投手力向上に尽力したい」と、それぞれ意気込みを語っていました。

 今回発表されたコーチングスタッフは以下の通り。

【1軍】
監督 85 辻発彦(60)
作戦兼守備・走塁コーチ 83 馬場敏史(53)
投手コーチ 88 小野和義(52)
投手コーチ 74 西口文也(46)
バッテリーコーチ 84 秋元宏作(50)
打撃コーチ 76 阿部真宏(40)
打撃コーチ 86 赤田将吾(38)
守備・走塁コーチ(内野) 87 黒田哲史(43)
守備・走塁コーチ(外野) 70 佐藤友亮(40)

【2軍】
監督 77 松井稼頭央(43)
野手総合コーチ 75 高木浩之(46)
投手コーチ 90 杉山賢人(49)
投手コーチ 91 許銘傑(41)
バッテリーコーチ 82 野田浩輔(40)
打撃兼守備・走塁コーチ(内野) 89 平尾博司(42)
打撃兼守備・走塁コーチ(外野) 80 嶋重宣(42)
育成コーチ 81 星孝典(36)
2軍巡回投手コーチ 92 清川栄治(57)

※氏名の前の数字は背番号、カッコ内は年齢。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」