野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ジャイアンツの伝説、ウィリー・マッコビー氏が死去 メイズと「MM砲」形成

ジャイアンツの伝説、ウィリー・マッコビー氏が死去 メイズと「MM砲」形成

10月31日に80歳で死去したウィリー・マッコビー氏は、ジャッキー・ロビンソンが切り拓いた「黒人メジャーリーガー」の第二世代に当たる大打者だった。

殿堂入りも果たしているウィリー・マッコビー氏(中央)【写真:Getty Images】
殿堂入りも果たしているウィリー・マッコビー氏(中央)【写真:Getty Images】

「黒人メジャーリーガー」の第二世代にあたる大打者

 10月31日に80歳で死去したウィリー・マッコビー氏は、ジャッキー・ロビンソンが切り拓いた「黒人メジャーリーガー」の第二世代に当たる大打者だった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 マッコビーは1938年1月10日、アメリカ南部アラバマ州モービルに生まれた。アラバマ州は黒人メジャーリーガーの本場ともいうべき土地で、マッコビーの前に、サチェル・ペイジ、モンテ・アービン、ウィリー・メイズ、ハンク・アーロンらが、メジャーデビューしている。高校から1955年にニューヨーク・ジャイアンツに入団。すでに、ジャッキー・ロビンソンが黒人初のメジャーリーガーになって8年が経過し、各球団には黒人選手がいるのが当たり前になっていた。

 マイナーで4年間プレーして、1959年にサンフランシスコ・ジャイアンツからメジャーデビュー。チームはこの間、1957年に本拠地をニューヨークからサンフランシスコに移転している。

 デビュー時のジャイアンツの中心選手は28歳のウィリー・メイズ。このほか、プエルトリコ出身のオーランド・セペダ、ドミニカ共和国出身のフェリペ・アルーなど黒人のスター選手がひしめいていた。ちなみにこの年、二塁を守っていたのは、のち阪急で大活躍をし「赤鬼」と呼ばれたダリル・スペンサー、右翼を守っていたのは阪神でプレーしたウィリー・カークランドだった。

 マッコビーがメジャーデビューしたのは7月30日。2番メイズ、3番マッコビー、4番セペダ、5番カークランドというオーダーだったが、この試合で4打数4安打2三塁打。ここから52試合で13本塁打を打ち、新人王に選ばれている。しかし、左投手を苦手としたため規定打席に初めて達したのは、4年後の1963年。この年44本塁打で本塁打王になった。

 当初は左翼手だったが、1965年に一塁手にコンバートされ、ここから成績が安定。ウィリー・メイズとともにジャイアンツの中軸として長く活躍。「MM砲」と呼ばれた。

 マッコビーとメイズは1959年から72年シーズン途中にメイズがメッツに移籍するまでコンビを組み、メイズ430本、マッコビー384本、合わせて814本塁打を記録。これは、ベーブ・ルース511本、ルー・ゲーリッグ348本、合わせて859本塁打に次ぐ記録。移籍が多いMLBでは、極めて珍しい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」