野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍ジャパン】“甲斐キャノン”が世界デビュー! 台湾の盗塁王を悠々と阻止

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。0-6で迎えた9回、甲斐拓也捕手(ソフトバンク)の“甲斐キャノン”が炸裂した。

侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】
侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】

9回から出場すると、いきなり盗塁阻止

■侍ジャパン – チャイニーズ・タイペイ(7日・ヤフオクドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。0-6で迎えた9回、甲斐拓也捕手(ソフトバンク)の“甲斐キャノン”が炸裂した。

 この日はベンチスタートだった甲斐。9回からマスクを被ると“甲斐キャノン”の出番がやってきた。1死から7番のワン・ウェイチェンが中前安打で出塁。続くリン・ヨウラは空振り三振に倒れ、2死となると、続くグォ・ヨンウェイへの4球目でワンがスタートを切った。

 いつも通り一歩左足を踏み出してキャッチすると、矢のような送球が二塁へ。ワン・ウェイチェンは台湾リーグで今季44盗塁を決めて、盗塁王に輝いていた俊足を誇ったが、悠々のアウトに。余裕を持って刺すと、スタンドからも大歓声が起きた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」