野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍ジャパン】稲葉監督も“甲斐キャノン”に改めて脱帽「素晴らしいなと」

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。3日まで行われていた日本シリーズでMVPに輝いた甲斐拓也捕手は9回から出場。シリーズで6連続盗塁阻止を記録した“甲斐キャノン”を炸裂させ、稲葉篤紀監督も改めて脱帽した。

9回からマスクを被った侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】
9回からマスクを被った侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】

9回から途中出場すると、台湾リーグ盗塁王を刺す

■チャイニーズ・タイペイ 6-5 侍ジャパン(7日・ヤフオクドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。3日まで行われていた日本シリーズでMVPに輝いた甲斐拓也捕手は9回から出場。シリーズで6連続盗塁阻止を記録した“甲斐キャノン”を炸裂させ、稲葉篤紀監督も改めて脱帽した。

 この日はベンチスタートだった甲斐。9回からマスクを被ると、1死から台湾リーグ盗塁王のワン・ウェイチェンが中前安打で出塁。2死一塁となると、グォ・ヨンウェイへの4球目でワンがスタートを切った。一歩左足を前に踏み出し、山崎康晃が投じた低めのボール球をキャッチすると、矢のような送球を二塁へ。今季44盗塁のワンを悠々のアウトにすると、普段本拠地としているヤフオクドームが沸いた。

 試合後の会見で稲葉監督も“甲斐キャノン”を称賛。「台湾の盗塁王という足のある走者を刺したというのは素晴らしいと思います。山崎投手のボールも低いボール球だったですけど、それをあのスピード、あの速さで刺したというのは改めて素晴らしいなと思いました」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」