野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】衝撃サヨナラ弾の決着に…MLB公式サイトも「ヤナギタがメジャーを驚かせた」

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、「2018日米野球」の第1戦でMLBオールスターチームに7-6で勝利した。9回に柳田の劇的な逆転サヨナラ2ランが飛び出し、白星発進。MLB公式サイトもレポートしており、両チーム合わせて4本のホームランが飛び出した一戦について“ドームラン”という言葉も使って伝えている。

逆転サヨナラ弾を放った侍ジャパン・柳田悠岐【写真:Getty Images】
逆転サヨナラ弾を放った侍ジャパン・柳田悠岐【写真:Getty Images】

日米野球第1戦をレポート「メジャーリーグの打者たちは“ドームラン”を目の当たりに…」

■侍ジャパン 7-6 MLBオールスター(9日・東京ドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、「2018日米野球」の第1戦でMLBオールスターチームに7-6で勝利した。9回に柳田の劇的な逆転サヨナラ2ランが飛び出し、白星発進。MLB公式サイトもレポートしており、両チーム合わせて4本のホームランが飛び出した一戦について“ドームラン”という言葉も使って伝えている。

 試合は、3回にMLBオールスターチームがロサリオのソロ弾で先制。その裏に侍ジャパンが菊池の遊ゴロの間に同点に追いつくも、5回にはサンタナが3ランを放ち、MLBオールスターチームが勝ち越した。侍ジャパンは秋山の3点二塁打ですぐに追いつくも、6回にはソトが勝ち越し2ラン。これで試合は決まったかに思われたが、侍ジャパンは9回に會澤の適時打で1点差に迫り、最後は柳田がサヨナラ逆転2ランを放った。

 第1戦から劇的な展開となった日米野球。MLB公式サイトは「日本がサヨナラホームランでMLBスターに衝撃を与えた」とのタイトルでレポート。そして、冒頭で「日米野球の第1戦で、メジャーリーグの打者たちは東京のファンが“ドームラン”と呼んでいるものを目の当たりにした」と、両チームで計4本のホームランが飛び出した一戦について伝えている。

 記事では、MLBオールスターチームが3本のホームランで2点をリードして最終回を迎えたことを記しつつ「侍ジャパンはユウキ・ヤナギタがパドレスのカービー・イエーツからサヨナラ2ランホームランを放ち、7-6の勝利で東京ドームの観客を喜ばせた」と言及。さらに、「9回裏に代打のツバサ・アイザワが2アウトからタイムリーヒットを打ち、日本の勝利の望みをつなぐと、ヤナギタがセンターへ2ランホームランを放ち、イエーツと彼のMLBチームメートを驚かせた」とも伝えている。

 初戦では屈辱的な敗戦を喫したMLBオールスターチーム。10日の第2戦から目の色が変わる可能性は高そうだ。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」