野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】広島での第4戦、予告先発は「MLB前田vs侍・大瀬良」 カープ“新旧エース対決”に

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は、13日の第4戦は広島のマツダスタジアムに舞台を移して行われる。予告先発は、侍ジャパンが地元・広島の大瀬良大地投手、MLBオールスターチームは元広島の前田健太投手(ドジャース)と発表された。

侍ジャパン・大瀬良大地(左)とドジャース・前田健太【写真:福谷佑介、Getty Images】
侍ジャパン・大瀬良大地(左)とドジャース・前田健太【写真:福谷佑介、Getty Images】

13日はマツダスタジアムで開催

■侍ジャパン – MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は、13日の第4戦は広島のマツダスタジアムに舞台を移して行われる。予告先発は、侍ジャパンが地元・広島の大瀬良大地投手、MLBオールスターチームは元広島の前田健太投手(ドジャース)と発表された。

 大瀬良は今季エースに成長し、巨人菅野と並ぶリーグ最多の15勝(7敗)をマーク。最多勝に加え、勝率.682で最高勝率のタイトルも獲得し、防御率2.62の活躍で広島のリーグ3連覇に貢献した。

 一方、2015年までエースとして広島を牽引した前田はドジャース3年目の今季、39試合登板(20先発)で8勝10敗2セーブ5ホールド、防御率3.81。リーグ終盤からはブルペンに入り、2年連続ワールドシリーズ進出に貢献した。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」