【日米野球】MLB選抜指揮官が完敗認める 侍ジャパンの“粘り”に「上回っていた」

MLB選抜のドン・マッティングリー監督【写真:Getty Images】
MLB選抜のドン・マッティングリー監督【写真:Getty Images】

機動力を生かした攻撃に「決して何か驚かされることがあったと思っていない」

■侍ジャパン 5-3 MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は13日、マツダスタジアムでの第4戦が行われ、侍ジャパンは5-3で逆転勝ち。まさかの逆転負けを喫したMLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督(マーリンズ)は「粘りを見せていた部分で上回っていた」と完敗を認めた。

 2点リードの9回にまさかの展開が待っていた。先頭の代打・田中和が四球を選びすぐさま二盗に成功すると、上林が中前タイムリーを放ち1点差。さらに1死二塁から田中広が中前適時打を放ち同点に追いついた。田中広は二盗に成功すると悪送球の間に三塁まで進塁。1死一、三塁からは菊池がセーフティースクイズを決め勝ち越しに成功した。さらに柳田の遊ゴロの間に1点を加え日本は一挙4点を奪った。

 盗塁ありスクイズありと機動力を生かした日本の攻撃スタイルに「ああいったスタイルは慣れてきている。日本の野球はしっかりとバントしてランナーを進めていく。それに対してそれなりに守れていたと思っている。十分によい形だったと思うが、決して何か驚かされることがあったと思っていない」と指揮官。

 ここまで4試合を戦い日本の攻撃パターンは頭に入っている様子で驚くことはなかった。個々の能力を称賛し「日本の攻撃がいい形でヒットを打つことができていた、打席で粘るファールにする、いい形の打球を飛ばすというところで、粘りを見せていた部分で上回っていた」と日本打線を称えていた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY