野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】“甲斐キャノン”最後に炸裂! 2安打2打点とバットでも活躍「チームメートのおかげ」

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われた。この日4試合ぶりにスタメンマスクを被ったソフトバンクの甲斐拓也捕手は6回に盗塁を許したものの、9回1死から“甲斐キャノン”を炸裂させ、試合に終止符を打った。

侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】
侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】

7回に適時打を放つと、8回には勝ち越しの適時二塁打

■侍ジャパン 6-5 MLBオールスター(14日・ナゴヤドーム)

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われた。この日4試合ぶりにスタメンマスクを被ったソフトバンクの甲斐拓也捕手は6回に盗塁を許したものの、9回1死から“甲斐キャノン”を炸裂させ、試合に終止符を打った。

 1点を勝ち越して迎えた9回1死一塁。ハニガーの打球は遊撃・源田へのゴロに。打球を処理した源田は二塁に転送し、一塁走者を封殺し、これで2アウト。だが、併殺を狙った山田の送球は大きく逸れた。これを見たハニガーは果敢に二塁を狙ったが、カバーに回った甲斐がボールを素早く処理。そして“甲斐キャノン”が発動。矢のような送球を二塁へ送ってハニガーを刺し、ゲームセットとなった。

 6回にロサリオに盗塁を許していた甲斐だったが、バットで2安打2打点と活躍し、最後には“甲斐キャノン”が炸裂。試合後、お立ち台に立った甲斐は「(勝ち越し打は)誠知のおかげです。チームメートのおかげなので感謝しています。よく走ってくれました」と、勝ち越しの一打で一塁から激走した上林に感謝していた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」