野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「西武でプレーしたい」 西武が誇る“史上最強”同期コンビのチーム愛

11月8日、西武の中村剛也内野手は、海外FA権を行使したうえでチームへの残留を選択したことを発表した。2016年には、栗山巧外野手が同じように残留を表明しており、盟友に続いてチーム愛を示した形となった。

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】
西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

17年目のコンビは揃ってチーム愛を示す

 11月8日、西武の中村剛也内野手は、海外FA権を行使したうえでチームへの残留を選択したことを発表した。2016年には、栗山巧外野手が同じように残留を表明しており、盟友に続いてチーム愛を示した形となった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 同い年の中村と栗山は、ともに関西の高校からプロ入りを果たして17年。今や多くの球団記録を更新し、揃って「チームの顔」となっている。ここでは、愛すべき2選手のこれまでの歩みと、今後の記録に対する期待を記していきたい。

 2001年ドラフトにおいて、中村は2巡目で、栗山は4巡目で指名を受けて西武に入団。そして、奇しくも同じ7年目の2008年に、飛躍の時を迎える。この年中村が本塁打王、栗山が最多安打と自身初のタイトルを獲得し、チームの日本一に大きく貢献。不動の主軸として、それぞれの地位を確立した。

 それから10年が過ぎた今年、35歳のベテランとなった2人は、不振に苦しむ時期が長い苦難のシーズンを送ることに。しかし、厳しい試合が続いたシーズン終盤に調子を上げて、リーグ制覇へ突き進むチームの勢いを頼もしく後押しした。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」