野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】侍J笠原が本拠地で好投! 5回途中を4安打4K無失点 カーブでMLB打線を翻弄

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を行い、侍ジャパンの先発を務めた笠原祥太郎投手(中日)が5回途中を4安打4奪三振2四球無失点と好投。本拠地ナゴヤドームでしっかりアピールに成功した。

侍ジャパン先発の笠原祥太郎【写真:Getty Images】
侍ジャパン先発の笠原祥太郎【写真:Getty Images】

2走者残して降板するも、岩貞が好救援

■侍ジャパン – MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を行い、侍ジャパンの先発を務めた笠原祥太郎投手(中日)が5回途中を4安打4奪三振2四球無失点と好投。本拠地ナゴヤドームでしっかりアピールに成功した。

 笠原は初回先頭から6者連続凡退に仕留める上々の立ち上がり。味方打線が2回に4点を援護すると、3回には先頭ピラーに左前打、チリーノスに四球などで1死一、三塁のピンチを迎えるも、後続を抑えて無失点とした。

 4回も先頭のアクーニャJr.に二塁内野安打、スアレスに左前打で続かれ、無死一、二塁としたが、ここでも後続3人を退けて得点を許さず。5回は先頭チリーノスに四球、テイラーに左前打で無死一、二塁。だが、ここでも粘りを見せてリアルミュートを左飛、ヘルナンデスを空振り三振に仕留めたところで、球数制限の80球に達して降板。マウンドを継いだ岩貞がアクーニャJr.を空振り三振に斬る好救援で、この回を無失点で締めくくった。

 侍ジャパン初招集となった笠原は、粘りある好投で存在感を光らせた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」