野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 元二刀流の殿堂打者が新人王・大谷翔平の活躍に驚愕「あそこまでできるとは…」

元二刀流の殿堂打者が新人王・大谷翔平の活躍に驚愕「あそこまでできるとは…」

今季、ベーブ・ルース以来100年ぶりとなる本格的な二刀流挑戦で全米を沸かせ、ア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平投手。右肘靱帯を損傷し、戦列を離れることもあったが、投手としては10試合で4勝2敗、防御率3.31、打者としては104試合で打率.285、22本塁打、61打点の成績を残し、見事初タイトルを獲得した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

通算465本塁打のウィンフィールド氏は打者大谷を高評価

 今季、ベーブ・ルース以来100年ぶりとなる本格的な二刀流挑戦で全米を沸かせ、ア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平投手。右肘靱帯を損傷し、戦列を離れることもあったが、投手としては10試合で4勝2敗、防御率3.31、打者としては104試合で打率.285、22本塁打、61打点の成績を残し、見事初タイトルを獲得した。シーズン終了翌日の10月1日に右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたため、来季は打者に専念し、投手としては2020年の復帰を目指す24歳に「また投打での活躍を願っている」とエールを送るのは、通算465本塁打を誇る殿堂打者デーブ・ウィンフィールド氏だ。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 現在、MLB選手会の役員を務めるウィンフィールド氏は「2018日米野球」で来日。Full-Countの単独インタビューに応じ、メジャー1年目で全米に大きな衝撃を与えた大谷を「エキサイティングな選手」と称えた。

 パドレス、ヤンキースなどで送った22年の現役生活では、走攻守3拍子揃った外野手として活躍。通算3110安打、465本塁打、1833打点、223盗塁という輝かしい成績を残した。球宴には12度選出され、ゴールドグラブ賞7度、シルバースラッガー賞6度の受賞歴を残り、2001年に殿堂入りを果たした。

 ミネソタ大学時代は投打の二刀流として活躍。NBAやNFLのドラフトでも指名されたほどのスーパーアスリートとして全米に名を轟かせたが、1973年ドラフト1巡目(全体4位)でパドレスに入団した。入団後は投手としてのキャリアを諦め、野手に専念。「当時はどちらかを選ばなければならない時代だった」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」