野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米殿堂候補35人発表 急逝ハラデー、セーブ王リベラ、元楽天ユーキリスら初候補

米殿堂候補35人発表 急逝ハラデー、セーブ王リベラ、元楽天ユーキリスら初候補

米国野球殿堂は19日(日本時間20日)、2019年度の殿堂入り候補者35人を発表した。今年から新たに20人が候補に加わり、元ヤンキースでメジャー最多652セーブを誇るマリアーノ・リベラ、2014年に楽天でプレーしたケビン・ユーキリス(レッドソックス他)の名前も。また、昨年11月に自身が操縦する小型飛行機の墜落事故で急逝した通算203勝&サイ・ヤング賞2度のロイ・ハラデーも候補となった。

現役時代はヤンキースでクローザーとして活躍したマリアーノ・リベラ氏【写真:Getty Images】
現役時代はヤンキースでクローザーとして活躍したマリアーノ・リベラ氏【写真:Getty Images】

20人が新たに候補入り、元高知ラミレスも引き続き候補に

 米国野球殿堂は19日(日本時間20日)、2019年度の殿堂入り候補者35人を発表した。今年から新たに20人が候補に加わり、元ヤンキースでメジャー最多652セーブを誇るマリアーノ・リベラ、2014年に楽天でプレーしたケビン・ユーキリス(レッドソックス他)の名前も。また、昨年11月に自身が操縦する小型飛行機の墜落事故で急逝した通算203勝&サイ・ヤング賞2度のロイ・ハラデーも候補となった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 10年以上連続でメジャー取材をする米国野球記者協会(BBWAA)に所属する記者が投票権を持ち、全投票数の75%以上を獲得した候補者が殿堂入りを果たす。また、得票数が全投票数の5%に満たなかった候補者は翌年からリストを外れることになるが、5%以上の得票があっても候補としての資格を持つのは10年間と定められている。

 今回、有資格最終年となるのは、マリナーズで指名打者として活躍したエドガー・マルティネスと、元ブルージェイズのフレッド・マクグリフ。マルティネスは昨年70.4%の得票がありながら、わずかに届かず涙を呑んだ。先日の日米野球にコーチとして来日した通算309発の強打者が、有資格最終年で念願の殿堂入りを果たすのか注目が集まる。

 その他、ドーピング疑惑が持たれるバリー・ボンズやロジャー・クレメンス、サミー・ソーサ、また元高知のマニー・ラミレスらも候補者として名を連ねるが、果たしてBBWAAの記者が彼らに対してどんな判断を下すのかも興味深いところだ。

 投票は12月31日に締め切られ、結果は2019年1月22日(同23日)に発表される。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」