野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAが来年3月に球団創設の地・下関でオープン戦開催 球団創設70年目を記念

DeNAが来年3月に球団創設の地・下関でオープン戦開催 球団創設70年目を記念

DeNAは23日、来年の3月10日に球団創設の地である山口県下関市でオープン戦を開催すると発表した。11月22日に球団創設から満69周年を迎え、この日から70周年目がスタート。新たな歴史の幕開けとなる2018年11月23日から2019年11月22日までの1年間を通じて、「70th ANNIVERSARY PROJECT」と題したさまざまな企画を行うという。

山口開催のオープン戦で着用する「大洋ホエールズ」復刻ユニフォーム【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
山口開催のオープン戦で着用する「大洋ホエールズ」復刻ユニフォーム【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

来年3月10日開催、当日は「大洋ホエールズ復刻ユニ」着用

 DeNAは23日、来年の3月10日に球団創設の地である山口県下関市でオープン戦を開催すると発表した。11月22日に球団創設から満69周年を迎え、この日から70周年目がスタート。新たな歴史の幕開けとなる2018年11月23日から2019年11月22日までの1年間を通じて、「70th ANNIVERSARY PROJECT」と題したさまざまな企画を行うという。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 横浜DeNAベイスターズの前身となる「大洋ホエールズ」は、1949年11月22日に山口県下関市で誕生。3シーズンにわたって下関市を本拠地とした後、大阪、川崎を経て、1978年に横浜に本拠地を構えた。1992年に「横浜ベイスターズ」となり、2011年12月1日に現在の「横浜DeNAベイスターズ」として新たにスタート。この度、球団が積み重ねてきた歴史を振り返るとともに、支えてきた全ての人への感謝の気持ちを込め、企画に乗り出す。

 来年3月10日に山口県下関市にあるオーヴィジョンスタジアム下関で行われるオープン戦では、球団創設後、初の開幕戦となった1950年3月10日に選手が着用していたユニホームを復刻。創設時のチームへの敬意を表し、選手たちは復刻ユニを着用して試合に臨む。

 球団創設の地から新たな一歩を踏み出す来季こそ、悲願の日本シリーズ優勝を果たしたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」