野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム吉田輝星が背番号「18」披露 夢は侍J入り「もう1回借りを返したい」

日本ハムにドラフト1位で入団した吉田輝星投手(金足農)が24日、札幌ドームで行われたファンフェスティバルで背番号「18」のユニホーム姿を披露した。色紙に「全力」としたため「今の自分があるのも全力でやってきたからなので、これからも初心を忘れず全力でやっていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」とファンに向け挨拶を行った。

ファンフェスティバルで新人お披露目に臨んだ選手たち【写真:石川加奈子】
ファンフェスティバルで新人お披露目に臨んだ選手たち【写真:石川加奈子】

ファンフェスタで背番号「18」のユニホーム姿を披露した吉田

 日本ハムにドラフト1位で入団した吉田輝星投手(金足農)が24日、札幌ドームで行われたファンフェスティバルで背番号「18」のユニホーム姿を披露した。色紙に「全力」としたため「今の自分があるのも全力でやってきたからなので、これからも初心を忘れず全力でやっていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」とファンに向け挨拶を行った。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 司会進行を務めたOBで侍ジャパンの投手コーチを務める建山義紀氏の前で、侍ジャパン入りの夢も表明した。「高校生で初めて日の丸を背負わせてもらったのに、悔しいピッチングしかできなかったので、もう1回借りを返したいと思います」と力を込めた。

 プロして初めて大勢のファンから浴びた拍手喝采をしっかり心に刻んだ。「緊張しましたが、声援がすごくうれしかったです。これから頑張れというメッセージなので、頑張ろうと思いました」と初々しい表情で振り返った。

 なお、ほかの新人選手が色紙に記した言葉は次の通り。

2位・野村佑希内野手(花咲徳栄高) 「進化」
3位・生田目翼投手(日本通運) 「武田久さんのように!」
4位・万波中正外野手(横浜高) 「根性」
5位・柿木蓮投手(大阪桐蔭高) 「信頼」
6位・田宮裕涼捕手(成田高) 「不動心」
7位・福田俊投手(星槎道都大) 「感謝」
育成1位・海老原一佳外野手(富山GRNサンダーバーズ) 「親孝行」

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」