野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 菊池雄星「故障」、マチャド「言動」 米メディアが注目選手の“不安要素”指摘

菊池雄星「故障」、マチャド「言動」 米メディアが注目選手の“不安要素”指摘

西武の菊池雄星投手は今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦に踏み切る見込みとなっている。ヤンキースやドジャースをはじめ、すでに複数球団の名前が移籍先候補として挙がっているが、米メディアは今オフのストーブリーグで注目されている選手たちの“欠点”を指摘する記事を掲載。菊池については、肩の状態が不安要素とされている。

米国でも去就が注目されている菊池雄星【写真:荒川祐史】
米国でも去就が注目されている菊池雄星【写真:荒川祐史】

菊池は21位の高評価も…「危険信号が伴う」「明らかなリスクも存在する」

 西武の菊池雄星投手は今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦に踏み切る見込みとなっている。ヤンキースやドジャースをはじめ、すでに複数球団の名前が移籍先候補として挙がっているが、米メディアは今オフのストーブリーグで注目されている選手たちの“欠点”を指摘する記事を掲載。菊池については、肩の状態が不安要素とされている。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 米メディア「ブリーチャー・レポート」は「今オフシーズンに獲得可能なトップ25の選手たちが(移籍先で)失敗に終わる最大の要因」とのタイトルをつけ、特集を組んだ。菊池は21位で登場。不安要素として挙げられているのは、ずばり「故障」だ。

 寸評では、菊池はメジャー挑戦への準備が整っているとしながら、「この左腕には危険信号が伴う」と指摘。そして、「キクチは2018年シーズンの大半で、左肩の張りへの対応に追われた」と言及している。菊池は今年5月、左肩の「機能低下」で離脱していた。

 記事では「そして、結果として彼の球速は低下した。彼の防御率(1.97→3.08)、WHIP(0.91→1.03)、9回あたりの奪三振数(10.4→8.4)は、どれも間違った方向に進んでしまった。彼の変化球も本来の素晴らしさではなかった」と、今季は決して本来の姿ではなかったと分析。そのうえで「彼は先発2番手クラスの才能を備えているけれども、明らかなリスクも存在する」と結論づけている。実力は高く評価しているものの、不安要素も間違いなくあるという見方だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」