野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 韓国球界から米復帰の右腕ケリー 球速アップと投球スタイル変化の理由明かす

韓国球界から米復帰の右腕ケリー 球速アップと投球スタイル変化の理由明かす

今季カージナルスで活躍したマイルズ・マイコラス投手は、巨人で3季を過ごし、投手として進化。“逆輸入投手”として1年目だった今季、18勝4敗で最多勝に輝き、防御率2.83の好成績を残した。

ダイヤモンドバックスが獲得したメリル・ケリー(写真はレイズ所属時)【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックスが獲得したメリル・ケリー(写真はレイズ所属時)【写真:Getty Images】

今オフにDバックスと2年約6億円で契約

 今季カージナルスで活躍したマイルズ・マイコラス投手は、巨人で3季を過ごし、投手として進化。“逆輸入投手”として1年目だった今季、18勝4敗で最多勝に輝き、防御率2.83の好成績を残した。昨季は、韓国プロ野球(KBO)で3シーズンで124本塁打を放ち、“神”とまで崇められたエリック・テームズがブルワーズと契約して米復帰。アジア球界からの復帰組が注目を集める中、今オフにはKBOのSKワイバーンズで4年プレーした右腕メリル・ケリーがダイヤモンドバックスと2年550万ドル(約6億1900万円)+2021年と22年のクラブオプションの契約を結び、メジャー復帰を果たすことになった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」では、30歳右腕ケリーのスカウティングリポートを掲載。その中でKBOで過ごした4年で平均球速が3マイル(約4.8キロ)アップした秘訣、投球スタイルの変化について言及している。

 記事によれば、2014年まで過ごしたレイズ傘下マイナー時代には、速球は88~90マイル(約142~145キロ)程度だったが、KBOでは92~94マイル(約148~151キロ)までアップ。最速は97マイル(約156キロ)を記録するまでになったという。ケリーは4年で通算48勝32敗、防御率3.86の好成績を収めている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」