野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 上原浩治、21世紀のRソックスFA補強で4位に“格付け” 「支配力」に絶賛の声

上原浩治、21世紀のRソックスFA補強で4位に“格付け” 「支配力」に絶賛の声

今オフに左膝の手術を受け、一時は自由契約になっていたものの、巨人と再契約した上原浩治投手。来年4月に44歳となる右腕は、2013年には守護神としてレッドソックスの世界一に大きく貢献したが、栄光の記憶は今もファンの脳裏にしっかりと刻まれている。

2013年のワールドシリーズで“胴上げ投手”となった上原浩治【写真:Getty Images】
2013年のワールドシリーズで“胴上げ投手”となった上原浩治【写真:Getty Images】

2013年にレッドソックスに加入、「プランC」から守護神就任で世界一貢献

 今オフに左膝の手術を受け、一時は自由契約になっていたものの、巨人と再契約した上原浩治投手。来年4月に44歳となる右腕は、2013年には守護神としてレッドソックスの世界一に大きく貢献したが、栄光の記憶は今もファンの脳裏にしっかりと刻まれている。米メディアでは、今季のワールドシリーズ王者に輝いたレッドソックスが、21世紀になってから行ったFA補強のトップ10を格付けする企画を行い、2013年から4年間活躍した絶対守護神が堂々の4位に選出されている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「今世紀レッドソックス最高のフリーエージェント10傑」と特集したのは地元紙「グロスター・デイリー・タイムズ」。記事では、以下のように伝えている。

「どの球団のフロントもフリーエージェントは不正確な科学だと証言するだろうが、レッドソックスはワールドシリーズの優勝リングに導くカタルシスとなるような契約で当たりをかなり多く出している」

 21世紀でメジャー最多となる4度の世界一に輝いている名門は、FA市場においても巧みな立ち回りを見せているというのだ。そして、2013年のワールドシリーズ制覇に貢献した「Koji Uehara」は多くのスター選手を差し置き、堂々の4位に選出されている。

 2012年シーズンオフにレンジャーズからFAとなり、レッドソックスと年俸475万ドル(約5億3000万円)の1年契約を結んだ上原。特集では「ウエハラの抑えは2013年にプランA(ジョエル・ハンラハン)でもなければ、プランB(アンドリュー・ベイリー)でもなかったが、プランCは彼が一旦チャンスを手にすると、ほぼ自動的な選択肢となった」と契約初年度を振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」