野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

女子プロ野球界の「マッチ」!? 田口紗帆が語る「声って調子に左右されない」

女子プロ野球界屈指のガッツ溢れるプレーが売りの埼玉アストライア・田口紗帆内野手。移籍1年目の今季は42試合出場で打率.326、1本塁打、16打点と活躍したが、チームはヴィクトリアシリーズで3位に終わり、2年連続での年間女王には届かなかった。

埼玉アストライア・田口紗帆(左)とソフトバンク・松田宣浩【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・田口紗帆(左)とソフトバンク・松田宣浩【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

誰よりも熱いハートで声を張り上げ、ホークス松田を彷彿とさせるキャラクター

 女子プロ野球界屈指のガッツ溢れるプレーが売りの埼玉アストライア・田口紗帆内野手。移籍1年目の今季は42試合出場で打率.326、1本塁打、16打点と活躍したが、チームはヴィクトリアシリーズで3位に終わり、2年連続での年間女王には届かなかった。

 だが、劣勢の中でも誰よりも熱いハートで声を張り上げ、チームを鼓舞する田口の存在感は抜群。そのキャラクターは、「マッチ」こと福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩内野手を彷彿させる。そんな彼女に、今シーズンを振り返ってもらった。

――2018シーズンを終えた今、感じていることを教えていただけますか?

「チームとして、3位という悔しい結果で終わってしまいました。特にピッチャーが頑張っているときに打線が助けてあげられなかったことが多かったなと思います」

――ご自身で振り返ってみて、今シーズンの結果を招いた原因は何だと思いますか?

「プロとして、常に100%のプレーができていなかったからだと思っています。打撃でも守備でも、目に見えないミスに甘んじていたんだと思います。直接、得点に絡まるミスではないんですけど、そういう所が積み重なって大きなミスになってしまったのかなって思います。盛り上げて楽しくやるのが、アストライアのチームカラーなんですけど、楽しみながらもチームの空気を引き締めて、もっとメリハリを付けないといけなかったと感じています。どんなときもプロとして、その日できるベストなプレーをすることを忘れてはいけないなと思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」