野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

唯一の規定到達者0人は「情けない」 鷹・東浜、千賀&石川らの“虎の穴“入門へ

2017年に16勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得したソフトバンクの東浜巨投手。千賀滉大投手との2本柱として期待された2018年だったが、前年から一転、苦しい1年となった。右肩の違和感を訴えて、一時戦線を離脱。復帰後は白星を積み重ねていったものの、17試合で7勝止まりに終わった。

沖縄で自主トレを行うソフトバンク・東浜巨【写真:福谷佑介】
沖縄で自主トレを行うソフトバンク・東浜巨【写真:福谷佑介】

沖縄で行う自主トレを公開「今年はスローペースで」

 2017年に16勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得したソフトバンクの東浜巨投手。千賀滉大投手との2本柱として期待された2018年だったが、前年から一転、苦しい1年となった。右肩の違和感を訴えて、一時戦線を離脱。復帰後は白星を積み重ねていったものの、17試合で7勝止まりに終わった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「去年はハイペースでいって最悪の形になった。今年はスローペースで抑えながらやっています」。12日に故郷の沖縄で行っている自主トレを報道陣に公開した東浜は、こう語った。昨年は自主トレ公開の時点で、捕手を座らせた投球練習まで調整が進んでいたが、この日はバランスを確認しながら、5割程度で20球を投げただけ。「しばらく(捕手を)座らせる予定はないですね」という。

「前の年からずっとぶっ続けでやっていて仕上がったままだった」。これまではキャンプインからアピールするための早仕上げを続けてきたが、ローテを争う立場から、ローテを1年間守るべき立場になった。昨季の反省から「シーズンのことも考えないといけない。投げ込む時は投げ込みますけど、メリハリをつけていきたい。ただ投げればいいってものでもない」と、調整法を変更。3月末のシーズン開幕に照準を合わせる。

 昨季は103イニングに終わり、規定投球回には届かず。さらに、怪我人が続発したこともあって、日本一になったにもかかわらず、チーム内での規定投球回到達者はゼロだった。これは、12球団でソフトバンクだけ。大黒柱となるべき東浜も「去年、誰も規定(投球回)に乗らず、情けなかった」と悔しがる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」