野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBドラ1のNFLドラフト申請に二刀流の“先輩”が助言 「野球を選ぶべき」

MLBドラ1のNFLドラフト申請に二刀流の“先輩”が助言 「野球を選ぶべき」

野球とアメフトの二刀流でアスレチックスから2018年ドラフト1巡目(全体9位)指名を受けたカイラー・マレー外野手。NFLドラフトに申請することを決めたが、MLB、NFLの両スポーツで活躍したディオン・サンダース氏は「野球を選ぶべき」と“後輩”に向けアドバイスを口にしている。

アスレチックスから1巡目指名され、NFLのドラフト申請もしたカイラー・マレー【写真:Getty Images】
アスレチックスから1巡目指名され、NFLのドラフト申請もしたカイラー・マレー【写真:Getty Images】

野球とアメフトの二刀流でアスレチックスから18年ドラフト1巡目指名を受けたマレー

 野球とアメフトの二刀流でアスレチックスから2018年ドラフト1巡目(全体9位)指名を受けたカイラー・マレー外野手。NFLドラフトに申請することを決めたが、MLB、NFLの両スポーツで活躍したディオン・サンダース氏は「野球を選ぶべき」と“後輩”に向けアドバイスを口にしている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「ディオン・サンダースがカイラ―・マレーにフットボールよりも野球を選ぶように勧めると語る」

 こう見出しを付け報じたのは米スポーツメディア「スポルティングニュース」だった。サンダースはNFLで14シーズンを過ごしMLBでも641試合に出場するなど野球とアメフトの“二刀流”で活躍。「同じ週にMLBで本塁打、NFLでタッチダウン」、「ワールドシリーズとスーパーボウルの両方に出場」と数々の記録を残した。

 記事ではテレビ番組スポーツセンターに出演したサンダース氏の動画を公開し「もし私が彼の立場なら、野球を選び、振り返らない」とマレーにMLB行きを助言している様子を伝えている。

 マレーのアメフトでのポジションがQBであることを指摘し「彼のポジションでは難しい。『フットボール選手になる』と彼が宣言した場合に受ける冷やかしを理解していないと思う。背、大きさ、できないことについて人々が話し出すんだ。彼はまだそうしたことに対処したことがない」と説明。

 サンダース氏は2011年にプロフットボールの殿堂入りを果たし、NFLでプロボウルに8度選出され、スーパーボウルを2度制覇。さらにMLBでは9シーズンでヤンキース、ブレーブスなどでプレーし通算打率は.263をマークするなどMLBでも一定の成績を残している。

 それでも、野球界に未練があったようで「個人的には、まだ時々、もっと(野球を)プレーしなかったことを後悔するんだ。(プロフットボール殿堂入りの)金色のジャケットがクローゼットにあるが、もっと(野球を)プレーしていたらと思うんだ」と振り返っている。

 昨季にアスレチックスからドラフト1巡目指名を受けながら、QBとして大学アメフト界の最優秀選手に与えられる「ハイズマン賞」にも輝いた逸材はNFLドラフトに申請したことで注目を浴びている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」