野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ2年目左腕が1軍定着に懸ける思い 「ブルペンを休んだ感覚はありません」

千葉ロッテの山本大貴投手はルーキーイヤーの昨季、“猫だまし投法”と呼ばれた独特のフォームで話題を呼んだ。しかし、1軍での登板はわずか1試合。即戦力の期待には応えきれなかった。勝負の2年目に向けて、このオフは社会人時代にプレーした三菱自動車岡崎で自主トレを敢行。

ロッテ・山本大貴【写真:(C)PLM】
ロッテ・山本大貴【写真:(C)PLM】

「ボールが強くなっている」と、複数の先輩からも太鼓判

 千葉ロッテの山本大貴投手はルーキーイヤーの昨季、“猫だまし投法”と呼ばれた独特のフォームで話題を呼んだ。しかし、1軍での登板はわずか1試合。即戦力の期待には応えきれなかった。勝負の2年目に向けて、このオフは社会人時代にプレーした三菱自動車岡崎で自主トレを敢行。山本は「午前中はピッチングやボールを使った練習をして、午後から海辺の砂浜でラントレーニングを行いました」と、古巣での練習を振り返っている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテ浦和球場に戻ってきてからも精力的な取り組みは続き、22日には変化球を交えながら60球以上を投げ込んだ。「(ブルペンには)12月からずっと入っているので、ブルペンを休んだ感覚はありません。1年通して投げ込みという感じだったので、いい感触ではあるかなと思います」と、投球を重ねることによって掴んできたものがある様子だ。

「最初はバランスが悪かったのですが、徐々に体も縦に使えるようになってきて、『ボールが強くなっている』と色々な先輩に言ってもらいました。自信にはなったかなと思います」と、投げ込みによって得た手応えについて語った山本。「とにかく1軍での登板数を増やしたいです。その中で何勝できるかは分からないですけど、1個ずつ勝っていけばそれが自分のためにもチームのためにもなりますので」と、新シーズンに対する意気込みも十分だ。

 チームの左投手は手薄な状況が続いており、昨季サウスポーが挙げた白星はチーム全体でわずかに4つ。春季キャンプやオープン戦などでのアピール次第では、山本にも1軍で投げるチャンスが十二分にあるはずだ。

「去年もそう言われながら、難しい経験というか、苦い思いをしてきました。(左投手が)少ないと言われたとしても、そう思わずに、結果を残せるように精一杯頑張っていきたいと思います」

 昨季の終盤には、小野2軍投手コーチが1軍でも登板を重ねていた岩下投手や種市投手とともに「山本もちょっと形になってきた」と、この1年間で成長した投手のひとりに挙げていた注目株。まずは間近に迫った春季キャンプで、確かな手応えを掴んだオフのトレーニングの成果を出したいところだ。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」