野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 150キロ右腕の星稜・奥川が日本一へ闘志 「今年こそ、勝って記憶に残る試合を」

150キロ右腕の星稜・奥川が日本一へ闘志 「今年こそ、勝って記憶に残る試合を」

2年連続の選抜出場が決まり、笑顔を弾けさせた星稜のエース・奥川恭伸投手(2年)は2019年の始まりへ向け、思いを語った。

選抜出場への意気込みを語った星稜・奥川恭伸(左)、山瀬慎之助【写真:沢井史】
選抜出場への意気込みを語った星稜・奥川恭伸(左)、山瀬慎之助【写真:沢井史】

昨年のU-18日本代表に2年生で唯一選出された奥川

 2年連続の選抜出場が決まり、笑顔を弾けさせた星稜のエース・奥川恭伸投手(2年)は2019年の始まりへ向け、思いを語った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「正式に決まってホッとしています。去年もセンバツから始まって良い流れができたので、今年もセンバツで良い流れを作って、いい1年を過ごせたらと思っています」

 奥川の2018年は激動の1年だった。センバツではベスト8入りを果たし、夏の甲子園にも出場したが2回戦で済美(愛媛)との試合で劇的なサヨナラ負けを喫した。直後のU-18アジア大会の日本代表に2年生で唯一選出され、全国レベルの先輩たちの空気を体感。帰郷後の秋季大会では北信越の頂点に立ち、神宮大会ではファイナリストとなった。

「全国の2年生の選手では一番良い経験をさせてもらっている」と林和成監督は話すが、奥川が今年もっともこだわるのは日本一だ。これまで星稜は甲子園では劇的な試合や伝説となる名勝負を何度も経験しているが、試合はいずれも敗れている。「今までは負けて有名になってしまっているので……。今年こそ、勝って記憶に残る試合をしたいです」と語気を強める。

 年末の沖縄合宿で実戦練習をこなして年始の休みに入ったものの、風邪で体調を崩した時期もあった。様子を見ながら調整は何とか進んでいるものの、インフルエンザによる学級閉鎖もあった。だが、自身はいたって元気で「年始から毎日60球くらい投げ込みも出来ていますし、体も問題なく過ごせています」と笑顔を見せる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」