野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

吉田輝がキャンプ初ブルペン 変化球交えて38球、快速球にファンどよめく

日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星投手が2日、今キャンプで初めてブルペンで投球練習を行った。沖縄・国頭村でのキャンプ2日目、昨夏の甲子園を沸かせた右腕がベールを脱いだ。

ブルペンで投球練習を行った日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】
ブルペンで投球練習を行った日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】

2軍キャンプにTVカメラ10台、約60人の報道陣が集結

 日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星投手が2日、今キャンプで初めてブルペンで投球練習を行った。沖縄・国頭村でのキャンプ2日目、昨夏の甲子園を沸かせた右腕がベールを脱いだ。ウォーミングアップ、キャッチボールを終えると、10時51分にブルペンへ。捕手の人数が足らなかった影響で7分間待ちぼうけを食らったが、その後、10時58分からボールを投げ始めた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 注目のキャンプ初ブルペン。1軍本隊が米アリゾナ州でキャンプを行う中で、ハンディカメラも含めてテレビカメラ10台、約60人の報道陣が国頭村に集結。ブルペンの両サイドの観客席はファンで埋め尽くされた。5つあるマウンドの真ん中で吉田が投げる1球1球に多数の視線が注がれ、ブルペンは熱気に包まれた。

 まず捕手を立たせて10球を投じると、そこから捕手を座らせて38球。ストレートにカーブ、スライダーの変化球を交えた投球は徐々に熱がこもっていた。15球目には高めへの暴投になるなど、高めに抜けるボールが多く制球はイマイチ。それでも29球目にアウトコースに決まる威力あるストレートにはファンからもどよめきが起きていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」