野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武ドラ1松本航が2度目のブルペン入り 捕手務めた森は驚愕「180キロくらい」

西武ドラ1松本航が2度目のブルペン入り 捕手務めた森は驚愕「180キロくらい」

西武のドラフト1位・松本航投手がキャンプ2日目となった2日、2度目のブルペンで圧巻のピッチングを見せた。

ブルペン投球後に会話を交わす西武・森友哉(左)とドラ1松本航【写真:安藤かなみ】
ブルペン投球後に会話を交わす西武・森友哉(左)とドラ1松本航【写真:安藤かなみ】

全球ストレートで31球、森は「ガンよりも体感の方が早く感じる」

 西武のドラフト1位・松本航投手がキャンプ2日目となった2日、2度目のブルペンで圧巻のピッチングを見せた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 初日となった1日もブルペン投球を行ったが、捕手を立たせたままだった。この日は森友哉捕手を座らせて投球。「ストレートを一番練習しないといけない」と話す通り、全球ストレートで31球を投げ込んだ。

 投球後「どうだった?」と森に尋ねられると「緊張しました」と素直に口にした。「緊張するなよ」と声をかけられ、スッと気持ちが楽になったようだ。森の気遣いに感謝し「次からはしっかり投げられます」と気を引き締めた。

 当初の練習メニューには松本航の名前はなかったが、急遽ブルペン入り。ブルペンに入る投手は前日にホワイトボードにその旨を書くことになっているが「忘れていました。怒られました」と新人らしいミスに照れ笑いを浮かべた。

 マウンドではフォームを確認しながら6、7割の力でピッチングをしたと言うが、森は「手が痛い。(スピード)ガンよりも体感の方が早く感じる。(体感では)180キロくらい」と剛腕のストレートを評価していた。第3クールにはシート打撃への登板が決まっている。目標に掲げる開幕1軍に向けて、感覚を研ぎ澄ませていく。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」