野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鳥谷、福留、阿部が1000得点に挑戦…今季達成が予想される記録【得点編】

野球の「得点」とは、試合でホームベースを踏んだ回数のことを言う。得点はNPBではあまり重要視されないが、MLBでは打点と同じくらい重要な指標だとされる。

阪神・鳥谷敬(左)と福留孝介【写真:荒川祐史】
阪神・鳥谷敬(左)と福留孝介【写真:荒川祐史】

歴代1位は王貞治だが、2位には世界の盗塁王・福本豊がランクイン

 野球の「得点」とは、試合でホームベースを踏んだ回数のことを言う。得点はNPBではあまり重要視されないが、MLBでは打点と同じくらい重要な指標だとされる。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 得点が多い打者には、3つのタイプがある。1つ目は打率、出塁率が高い打者。安打、四球などで出塁数が多い打者は、それだけ本塁に帰ってくる回数は多くなる。2つ目は、足が速い打者。出塁してから盗塁などで次の塁を奪うことができれば、本塁に帰ってくる可能性は高まる。3つ目は、本塁打が多い打者。本塁打は盗塁を除いて、打者走者が自分で得点を稼ぐ唯一の手段だ。本塁打の数だけ得点を稼ぐことができる。いずれのタイプの打者も「好打者」だといえる。「得点」が多い打者はチームに対する貢献度が高い打者なのは間違いない。

○NPB歴代得点10傑()は実働年数
1 王貞治 1967得点(1959-1980)
2 福本豊 1656得点(1969-1988)
3 張本勲 1523得点(1959-1981)
4 野村克也 1509得点(1954-1980)
5 金本知憲 1430得点(1992-2012)
6 衣笠祥雄 1372得点(1965-1987)
7 山本浩二 1365得点(1969-1986)
8 落合博満 1335得点(1979-1998)
9 門田博光 1319得点(1970-1992)
10 石井琢朗 1298得点(1989-2012)

 NPBの主要な打撃指標では、王貞治がほとんど1位だ。しかし2位にNPB史上最多の1065盗塁を記録した福本豊が入っているのが得点という指標の特長だ。衣笠祥雄、石井琢朗も盗塁王をとった経験がある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」