野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハムの木田投手チーフCに直撃 金子弌大、斎藤佑、吉田輝らどう見る?

今季から日本ハムの投手チーフコーチを務める木田優夫氏をキャンプ地のアリゾナ州スコッツデールで直撃した。昨季までGM特別補佐を務め、2017年ドラフトでは7球団が競合した清宮幸太郎内野手の交渉権を引き当てたことも話題に。しかし、今季からはユニホームを着て、栗山英樹監督を支える立場となった。

斎藤佑樹の投球練習を見守る日本ハム・木田優夫投手コーチ(左)【写真:盆子原浩二】
斎藤佑樹の投球練習を見守る日本ハム・木田優夫投手コーチ(左)【写真:盆子原浩二】

昨季までGM補佐、投手チーフコーチを引き受けたのは「GMから…」

 今季から日本ハムの投手チーフコーチを務める木田優夫氏をキャンプ地のアリゾナ州スコッツデールで直撃した。昨季までGM特別補佐を務め、2017年ドラフトでは7球団が競合した清宮幸太郎内野手の交渉権を引き当てたことも話題に。しかし、今季からはユニホームを着て、栗山英樹監督を支える立場となった。

 昨季ブレークした上沢直之投手、新加入の金子弌大投手、9年目での復活を目指す斎藤佑樹投手、そして、鳴り物入りで入団したドラフト1位ルーキーの吉田輝星投手……。2016年以来のリーグVへの鍵を握る投手陣について、“新任”コーチが語り尽くした。

――まずは新しく投手コーチになられての意気込みをお聞かせください?

「意気込みというか、優勝するためにピッチャーがどうなったらいいのか、それが一番だし、ピッチャーそれぞれの……彼らの野球人生がどうなっていったら良いのかというのを一緒に考えていければ良いんじゃないかなと思ってるだけです」

――日本での現役、海外でのプレーも経験されて、さらにフロントオフィス等、すべてのことを経験されて、そのことがやはり活きてくるのではないかと思いますが。

「それが活きるのかどうなのか僕にはわからないですけど、ただまあ今回ピッチングコーチをやる中で、現役の選手の時とかいろんなところで僕が学んだこと、これから僕が学んでいくことしか選手には伝えていくことしかできないんで、だからその中で何が役に立って何が役に立たなかったのかということは現時点では僕にはわからない部分もあるし、ただ全力で選手にチームが優勝するためにピッチャーそれぞれのために全力でやっていくということだけなんで、それ以外は分からないです」

――「投手コーチを」との声がかかったのはいつ頃だったのでしょうか?

「去年のシーズンが終わるときですよね」

――躊躇なく引き受けることにされたのですか?

「躊躇なくじゃあなくて……まあGMからね、『来年ピッチングコーチをやれ』と言われて。『来年ピッチングコーチだから』って。GMから『考えて』と言われたので、『じゃあ考えて返事して、でいいんですか?』って言ったら、『それはだめだ!』って言われたんで。だから躊躇とか何もなく……『やれ!』って言われたからやることになっただけです(笑い)」

――実際にコーチとして投手陣を見てきて、実戦が始まった現在においてどのように感じられているでしょうか?

「とりあえず大きなケガがなくて、元々リハビリでこっちに一緒にキャンプに来ているピッチャーも含めて、大きな遅れっていうのが今のところないので、そのへんは良いなぁ、ピッチャーそれぞれ頑張ってくれてるなぁと思います。本当に慣らしの実戦なので、その中で僕らが『こういうことをやってほしい。こういうことできてるかなあ』とか、そんなの実際に見ていくのはやっぱり日本に帰ってからになると思うので……。今のところは大きな遅れがないということだけで十分だと思うんですけどね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」