野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • キャンプこその醍醐味、間近で味わうブルペン投球練習 観客席を設ける球団も

キャンプこその醍醐味、間近で味わうブルペン投球練習 観客席を設ける球団も

プロ野球の春季キャンプで見ものの1つとなるのが、ブルペンだろう。投手が投げ込み練習をする場面を、一般のファンが間近に見ることができるのはキャンプ期間だけだ。

今年もキャンプ地には多くのファンが駆けつけている【写真:荒川祐史】
今年もキャンプ地には多くのファンが駆けつけている【写真:荒川祐史】

午前中に各チームともブルペンで投球練習

 プロ野球の春季キャンプで見ものの1つとなるのが、ブルペンだろう。投手が投げ込み練習をする場面を、一般のファンが間近に見ることができるのはキャンプ期間だけだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ブルペンでの投球練習は、入念なウォームアップの後、体が温まってから行われる。宮崎県でキャンプを張るチームでは、午前11時以降に始まることが多い。気温が高い沖縄では、それより少し早い。沖縄本島よりさらに暖かい石垣島のロッテキャンプでは、練習開始が9時と早めなこともあり、10時前からブルペンで投げる投手の姿が見られる。

 キャンプ後半になると、ブルペン入りする時間は少しずつ早くなる。午後に練習試合やオープン戦が組まれるため、10時頃から始める投手が増えてくる。

 ブルペンでの投球練習は、球団によってその内容は厳格に管理されている。もちろん、投手本人の意向も反映されるが、投げ過ぎを防ぐために投球数はすべてカウントされている。また、投球フォームをチェックするためにビデオ撮影をする場合も多い。

 投手の球を受けるのは、背番号3桁のブルペン捕手が多い。しかし、時には正捕手が受けることもある。ブルペン捕手と正捕手の捕球の違い、捕球音の違いを実感するのも、見どころの1つだ。

 ブルペンに入る順番は、投手のランクで振り分けられることが多い。運が良ければ、エースを筆頭とする先発投手の揃い踏みや、クローザーとセットアッパーの競演を見ることもできる。主力の中に若手投手が混じることがあるが、そこから首脳陣が若手にかける期待感を知ることもできる。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」