野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹の育成左腕・川原が最速151キロをマーク A組紅白戦に抜擢、3者凡退の好投

ソフトバンクの川原弘之投手が、支配下復帰へとアピールした。20日に宮崎・生目の杜運動公園で行われた紅白戦で8回に登板。最速151キロをマークし、3者凡退に封じた。

ソフトバンク・川原弘之【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・川原弘之【写真:福谷佑介】

2012年に最速158キロを記録した剛腕が支配下復帰へアピール

 ソフトバンクの川原弘之投手が、支配下復帰へとアピールした。20日に宮崎・生目の杜運動公園で行われた紅白戦で8回に登板。最速151キロをマークし、3者凡退に封じた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 育成選手の川原が剛球を披露した。B組から、この日のA組紅白戦に抜擢された左腕。最終回の8回に登板すると、先頭の栗原を詰まらせて投ゴロ、続く川瀬晃を中飛に打ち取って2アウトを奪った。

 3人目の打者となった川島に対しては、2ストライクに追い込むと、そこまで140キロ台後半だったストレートの威力がアップ。2球連続で150キロをマークすると、5球目にはこの日最速の151キロを計測。最後は変化球で空振り三振に仕留めた。見事に3者凡退で試合を締めくくり、スタンドのファンからも大きな拍手を受けていた。

 2009年のドラフト2位で福岡大大濠高から入団した左腕。2012年には2軍戦で、当時の日本人左腕最速となる158キロをマークした。その後は故障に苦しみ、2015年には左肩手術を受け、そのオフに育成選手になった。4年ぶりの支配下復帰を目指す中で、アピールに成功した。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」