野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「怪我して辞めることになるなら本望」燕復帰の五十嵐亮太が語る想いと覚悟

沖縄の暖かな日差しの中で、今年40歳を迎えるベテランが汗を流していた。ブルペンで熱のこもった投球を行い、その表情は明るい。実戦登板も目前に迫っている。キャンプ序盤に右ふくらはぎの張りが出て、別メニューでの調整が続いていたものの、調整は順調に進んでいることは、その表情が物語っていた。

今季加入したヤクルトで春季キャンプに参加中の五十嵐亮太【写真:荒川祐史】
今季加入したヤクルトで春季キャンプに参加中の五十嵐亮太【写真:荒川祐史】

「恩を返すところは結果。結果を出すために、チームのために何でもやる」

 沖縄の暖かな日差しの中で、今年40歳を迎えるベテランが汗を流していた。ブルペンで熱のこもった投球を行い、その表情は明るい。実戦登板も目前に迫っている。キャンプ序盤に右ふくらはぎの張りが出て、別メニューでの調整が続いていたものの、調整は順調に進んでいることは、その表情が物語っていた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「体はだいぶいい。暖かいから体が動く。東京に帰ってからが怖いけどね。体は動くからこのまま状態を上げていけば、かなりいいところまでいくんじゃないのかな、と思っています」

 プロ22年目を迎える五十嵐亮太、39歳。昨オフ、2013年から在籍したソフトバンクを戦力外に。1998年にプロのキャリアをスタートさせ、12年間在籍した古巣ヤクルトが救いの手を差し伸べ、10年ぶりに復帰した。

「やっぱりこの年齢で、去年の成績も含めて、取ってもらったということは僕にとって感謝しなければいけないし、うれしい思いですね、このチームでやれるということは。ただね、恩を返すところは結果なんです。結果を出すために、チームのために、何でもやるぞっていう気持ちでいます」

 昨季はソフトバンクで23試合に登板して0勝1敗0セーブ2ホールド、防御率4.50。若手が育ってきたこともあり、世代交代の波に飲み込まれるように、日米通算860試合に登板してきた実績豊かな右腕でさえも非情通告を受けた。

 ただ、本人に現役を退くつもりはなかった。「続けるつもりではいたよ。ボールが投げられる身体だったし、腰の状態も良くなってきていたから。体をしっかりケアして、使いこなせば、どうにかなるかな、と」。昨年は春季キャンプ前に椎間板ヘルニアを発症して大幅に出遅れた。ただ、その腰も回復。身体が動くのに辞めたくない。五十嵐はそう思っていた。

「メキシコとかでもできるし、海外の独立リーグもあるし、いくつか僕の中で選択肢があった」。ハワイで自主トレを行っていたが、なかなかオファーはなかった。NPBが駄目なら、メキシカンリーグや米国の独立リーグでもいい。2010年から3年間メジャーで戦っていた経験もあり、国外での現役続行も視野に入れていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」