野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武岡田、リハビリ組から開幕1軍狙う「うかうかしていられない」

西武・岡田雅利捕手が開幕1軍に向けて調整を続けている。

練習試合に出場した西武・岡田雅利【写真:安藤かなみ】
練習試合に出場した西武・岡田雅利【写真:安藤かなみ】

A班では捕手がアピール合戦「結果を残さないとダメ」

 西武・岡田雅利捕手が開幕1軍に向けて調整を続けている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 炭谷銀仁朗捕手の巨人移籍に伴い、今シーズンはさらなる飛躍が期待される岡田だが、昨年11月に受けた右肘手術の影響でキャンプはB班スタート。現在の状態に問題はなく、この日行われた高知ファイティングドッグスとの練習試合(東部)で先発出場。1打席目で安打を放ったが4回までで退き、試合後は室内練習場でバットを振り込んだ。「駒月も祥多(中田)も結果を残している。うかうかしていられない」とA班で激しさを増す捕手のアピール合戦に触れ、焦りを口にした。

 B班には岡田を含め、捕手が4人参加。1軍での経験を積んだ岡田の存在は若い捕手たちにとっても刺激的な存在だ。若手選手たちとの野球談議では自身の経験も伝える。「細かく話をしたりすることはいい勉強になります。ただ、教えるだけではなく自分もステップアップしないといけない」と刺激を受けているという。

「結果を残さないとダメ」と自らを鼓舞し、B班からの開幕1軍に向け虎視眈々と状態を上げていく。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」