野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ西村監督、“初陣”で超攻撃型野球! 14得点に5盗塁「かなりの競争になる」

オリックスは23日、今季初の対外試合となる韓国・斗山ベアーズとの練習試合を行い、14-4で大勝。今年のキャッチフレーズ「Be Aggressive #超攻撃型」を体現したような西村徳文新監督の“船出”となった。

オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】
オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】

今季初の対外試合となった韓国・斗山との練習試合を14-4で大勝したオリックス

 オリックスは23日、今季初の対外試合となる韓国・斗山ベアーズとの練習試合を行い、14-4で大勝。今年のキャッチフレーズ「Be Aggressive #超攻撃型」を体現したような西村徳文新監督の“船出”となった。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 オリックス戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 4回までに大量12得点。相手のミスがあったものの、序盤からの猛攻が目についたこの試合だが「打つ方もですけど、盗塁ですよね。今日ぐらい積極的に行ってくれればいい結果が出るってこと。ここまでやってきたことを出してくれたんだと思います」と、まずは盗塁に着目した新監督。この日は6回盗塁を試み、成功が5回。チームとして掲げているテーマ「積極性」が見えたことをまずは評価した形だ。

 もう一つポイントに挙げていたのが「チーム内競争」。2番手として4回から登板したディクソンは、先頭打者の打球が足に直撃するアクシデントに見舞われたものの、その後は併殺打に抑えるなど、安定した投球で3回無失点。

 打つ方でもこの日、「3番・左翼」で出場した新外国人・メネセスが2打数1安打1打点。「4番・DH」のマレーロは、152キロのストレートを完璧に捉え、レフトスタンドに放り込むなど2打数2安打1本塁打2打点と、外国人勢が猛アピールした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」