野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武秋山「3番・中堅」で実戦復帰&即タイムリー 「悪いところはなかった」

西武秋山「3番・中堅」で実戦復帰&即タイムリー 「悪いところはなかった」

西武・秋山翔吾外野手が23日に行われたロッテとの練習試合(春野)で実戦復帰を果たした。秋山は南郷キャンプ第4クールに咽頭炎による発熱で3日間練習を欠席。紅白戦や練習試合への出場はなく、この日が実戦復帰となったが「悪いところはなかった。安心した」と胸をなでおろした。

西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】
西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

秋山は南郷キャンプ第4クールに咽頭炎による発熱で3日間練習を欠席

■西武 2-4 ロッテ(練習試合・23日・春野)

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武・秋山翔吾外野手が23日に行われたロッテとの練習試合(春野)で実戦復帰を果たした。秋山は南郷キャンプ第4クールに咽頭炎による発熱で3日間練習を欠席。紅白戦や練習試合への出場はなく、この日が実戦復帰となったが「悪いところはなかった。安心した」と胸をなでおろした。

「3番・中堅」でスタメンに名を連ねた。昨年はほぼ全ての試合で1番を任された秋山だが、今シーズンは金子侑や外崎の起用法次第で3番に座る可能性もある。この日は3回、一死から1番・金子侑がセカンドへの内野安打で出塁すると、金子侑の俊足がマウンド上の益田に対してプレッシャーをかけた。

 続く源田が倒れ二死となったが、秋山は初球の甘めに入ったストレートを一振りで仕留め右中間へタイムリー二塁打を放った。「(俊足の)金子がランナーで、ああいうケースだと真っすぐが増える可能性もあるだろうし、逆に変化球なら金子は走れる。それはシーズン中もよくあること。今日に関してはしっかりタイミングを取って振れたと思う」と新打順でのタイムリーを振り返っていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」