野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 球団OBが参加することも… 効率良く回れるツアーはキャンプの賢い楽しみ方

球団OBが参加することも… 効率良く回れるツアーはキャンプの賢い楽しみ方

プロ野球春季キャンプも終盤に差し掛かっている。今季は、特に沖縄地方で天候不順が続いた。キャンプは雨天でも中止にはならないが、メニューは変更され、練習は屋内練習場が中心となる。最近は、屋内練習場を公開する球団も増えてきてはいるが、プレスパスやゲストパスを持っていない一般のファンは、十分に見学することができない。

沖縄では、今年も多くの球団が春季キャンプを行っている【写真:広尾晃】
沖縄では、今年も多くの球団が春季キャンプを行っている【写真:広尾晃】

アクセスが良くないキャンプ地へチャーターバスで空港から直行

 プロ野球春季キャンプも終盤に差し掛かっている。今季は、特に沖縄地方で天候不順が続いた。

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キャンプは雨天でも中止にはならないが、メニューは変更され、練習は屋内練習場が中心となる。最近は、屋内練習場を公開する球団も増えてきてはいるが、プレスパスやゲストパスを持っていない一般のファンは、十分に見学することができない。

 しかし、旅行会社が企画した球団公認の「春季キャンプ応援ツアー」で訪れた場合、雨でも屋内練習場の見学が保証されていることが多い。そういう特典もあり、最近は各球団の「キャンプツアー」が人気になっている。キャンプツアーは、ほとんどが沖縄を訪問するものだ。

 元々、プロ野球の春季キャンプ地は、観光地とは別の立地で行われることが多く、交通アクセスが良くないこともある。日本ハムの2軍がキャンプを行う国頭村は、那覇市からは車で2時間以上かかる。また宜野座村の阪神キャンプや、金武町の楽天2次キャンプなども、決してアクセスがいい場所とは言えない。

「キャンプ応援ツアー」であれば、那覇空港からチャーターバスですぐにキャンプ地まで行ける。バスの車内では、毎年、個数限定で作成される春季キャンプオリジナルのベースボールキャップと、ツアー専用の特別なパスが配布される。最近は、チームのOBや球団応援番組のパーソナリティなどが同乗することも多く、キャンプ地へ向かう車内から「応援ムード」は高まる。

 キャンプ地に到着すると、ツアーコンダクターが先導しながら各施設を見て回る。初めて訪れる一般のファンは、選手がどこでどんな練習をしているのか戸惑うことも多いが、ツアーならメイングラウンドはもちろんのこと、サブグラウンドやブルペンなど練習場所を効率よく見て回ることができる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」