野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 楽天オコエ、ハム清宮、広島小園… 実戦で結果を残す19年ブレーク期待の選手

楽天オコエ、ハム清宮、広島小園… 実戦で結果を残す19年ブレーク期待の選手

2月1日から始まった春季キャンプも終わりを迎え、すでにオープン戦もスタート。今シーズンにレギュラー定着を目指す選手たちは結果を求められることになる。ここでは練習試合、オープン戦で結果を残し今季ブレークに期待がかかる選手たちを紹介していく。

楽天・オコエ瑠偉、日本ハム・清宮幸太郎、広島・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】
楽天・オコエ瑠偉、日本ハム・清宮幸太郎、広島・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】

4年目を迎えたオコエは24日のヤクルト戦で先頭打者アーチを放つ

 2月1日から始まった春季キャンプも終わりを迎え、すでにオープン戦もスタート。今シーズンにレギュラー定着を目指す選手たちは結果を求められることになる。ここでは練習試合、オープン戦で結果を残し今季ブレークに期待がかかる選手たちを紹介していく。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○オコエ瑠偉外野手(楽天・4年目)

 2015年にドラフト1指名を受け入団。ルーキーイヤーは開幕1軍入りを果たしプロ初アーチも生まれたが51試合の出場で打率.185と打撃面で苦しみ17年は41試合、18年は44試合の出場にとどまった。過去にはオフの調整不足を指摘されケガにも泣いたが、今季は猛アピール。24日のヤクルトとのオープン戦では「1番・右翼」で先発すると初回の第1打席で左翼席へ先頭打者アーチ、得点圏で犠飛を放つなど4打数1安打2打点。4年目を迎え外野のレギュラー定着を目指す。

○清宮幸太郎内野手(日本ハム・2年目)

 通算111本塁打を放ち超高校級スラッガーとして7球団が競合。昨季は53試合に出場し打率.200、7本塁打、18打点と高卒新人としては歴代9位となる本塁打をマーク。今季はキャンプ1軍スタートとなり順調に調整を進めると実戦でも結果を残した。24日の巨人とのオープン戦では「6番・一塁」で先発すると4回の第2打席では実戦3試合連続安打となる投手強襲安打を記録。2年目の成長を着実に見せつけている。

○王柏融外野手(日本ハム・1年目)

 台湾球界では打率4割をマークするなど“大王”の異名を誇った強打者。24日の巨人とのオープン戦では「4番・左翼」で先発すると3回の第2打席で右前適時打を放った。紅白戦ではすでに一発を放っており練習試合などを含め実戦では8試合連続安打中と勢いは止まりそうにない。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」