野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ワラビー走法」取得中の日ハム杉谷、ついに盗塁成功も…「まだ野生化中」

日本ハムの杉谷拳士内野手が2日、DeNAとのオープン戦で今季実戦初盗塁を決めた。

日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】
日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】

試合後にトークショー、オールドスタイルユニ着こなしに「足、上がる、上がる」

■日本ハム6-1DeNA(オープン戦・2日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの杉谷拳士内野手が2日、DeNAとのオープン戦で今季実戦初盗塁を決めた。

 6回表に左翼の守備から出場し、その裏に回ってきた第1打席。一塁への内野安打で出塁すると、初球にすかさず二盗を決めた。
 
「今年は走るということをテーマに置いているので、大きな仕事ができて良かったです」と企図4度目にして初めての成功にホッと息をついた。

 試合後にグラウンドで行われたトークショーでは、走塁へのこだわりを披露した。ユニホームを膝まで上げるオールドスタイルに変えた理由について「ユニホームを下げている時、なかなか足が上がりづらいなと思って。気持ちの面でユニホームを上げてみようかなと思ったら、足、上がる、上がる」と言って笑わせた。

 オフには「野生化計画」と称してオーストラリアで自主トレを敢行した。

「まだ野生化中なので、今年中にワラビー走法を取得して、バンバン走りたいと思っています。沖縄では土に埋もれて全然、走れなかったですけど、徐々に見せていきたいです」と盗塁に懸ける意気込みを語った。

 プロ11年目の今季は二塁手として開幕スタメンを目指す。「監督にも希望は伝えました。伝えたけど、気づいたらファーストミットを持っていました」。マイクを握ると笑いを取らずにいられないが、そのサービス精神あふれた笑顔の裏には、レギュラー奪取への熱い思いがある。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」