野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム新人5選手が本拠地デビュー ドラ2野村「明確に分かって良かった」

日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星投手ら新人8人が3日、DeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の試合前に行われたお披露目セレモニーに登場した。試合には5人が出場し、近い将来1軍で活躍することを誓った。

日本ハム・野村佑希【写真:石川加奈子】
日本ハム・野村佑希【写真:石川加奈子】

札幌出身のドラ7福田は1回無安打無失点「緊張しました」

■日本ハム 0-0 DeNA(オープン戦・3日・札幌ドーム)

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星投手ら新人8人が3日、DeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の試合前に行われたお披露目セレモニーに登場した。試合には5人が出場し、近い将来1軍で活躍することを誓った。

 ドラフト2位の野村佑希内野手が「7番・三塁」、4位の万波中正外野手が「9番・右翼」で先発してフル出場。昨夏の甲子園をわかせた18歳はともに3打数無安打に終わったが、フルスイングに球場がどよめく場面もあった。

 野村は開幕投手候補の今永のチェンジアップに第1打席は右邪飛、第2打席は空振り三振に打ち取られ、第3打席はパットンの直球を打って二ゴロに倒れた。「最後の打席はタイミングが合わないのに手を出した意味のない打席でした。もっともっと振って持ち味を出せるようにしたい。ここでしっかり成績を出せるようにと明確に分かって良かったです」と、味わった悔しさを今後の練習に生かすつもりだ。

 万波はまず守備で魅せた。2回に宮崎が放った大きな当たりをフェンスにぶつかりながらジャンプして好捕、大歓声を浴びた。「1歩目の方向を間違えずに切れた。自分のできる範囲のプレーはできたのでホッしました」と笑顔で振り返った。

 打席では第1打席は今永、第2打席は守護神の山崎に三振を喫し、第3打席はエスコバーと対戦して右邪飛だった。「主力の方と対戦させてもらってありがたかったです。真っすぐは何とかバットに当たる球があったけれど、変化球は手元に来るまで分からず、一気に変化する。もっと引きつけて打てるように練習していこうと思います」と一流投手のボールの軌道を脳裏に焼き付けた。

 育成ドラフト1位の海老原一佳外野手は5回表から途中出場して2打数無安打。「ストライクゾーンに近いところからボールになる」と1軍投手の変化球を打席で見た経験を今後につなげる。

 ドラフト6位の田宮裕涼捕手は2イニングマスクをかぶった。7回は玉井をリードして3者凡退に抑え、8回には無死一塁で二盗を試みた宮本を刺して、この回マウンドに上がったドラフト7位の福田俊投手を助けた。1回無安打無得点で本拠地デビューした札幌出身の福田は「緊張しました。内容は良くなかったけれど、ゼロだったことは良かった」と初々しい表情で語った。

 地元ファンの期待の大きさを肌で感じながら1軍を体験した貴重な1日。それぞれ課題を持ち帰り、1軍を目指す。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」