野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「クラブハウスでコーヒーを…」ヤクルト青木が大切にするチームの輪【青木宣親・田中浩康対談・後編】

ヤクルト、DeNAでプレーし、昨年限りで現役引退した田中浩康氏が早稲田大時代からの先輩である青木宣親外野手にインタビューを行った。取材はキャンプ終盤に行い、自身のこと、チームのことを語ってもらった。かつてスワローズで強力な1・2番を組んでいた2人の対談の後編をお届けします。

「学生と一緒に悩んだらいいんじゃないかな?」

 青木「あとは、学生と一緒に悩んだらいいんじゃないかな? 野球は変化している。トレーニングの成果かもしれないけど、昔の投手より今の方が球は強い。時代の変化に敏感になって勉強した方がいい。これだと決めつけないこと、いろいろな引き出しを持っていること。相手に納得してもらって、自信をつけてもらうことが一番」

 田中「自信を持つことは大事ですよね」

 青木「すごく大事。自分たちだって、結果が出なくて悩む時はある。打席に立つのが怖い時だってある。自分が打てない時の状態って、自分の中で分かるでしょ? その時って怖いよね。結果が分かっちゃっているわけだから」

 田中「そういう感覚と(現役だった昨年まで)戦っていましたね」

 青木「あれって、結構きついでしょ?」

 田中「きついです」

 青木「なぜ今、不振なのかが、理解するためには、自分で本来の形をわかっていないと元に戻れない。いつも、いつも打てるわけではない。長丁場だからコンディションも違ってくる。なぜ打てなかったか、コンディションが崩れたかを学ぶ必要ある。それが理解できていれば自信が持てる」

 田中「自信を付ける練習が大切ですね」

 青木「なんだかコーチへの助言になってしまったね(笑)」

 田中「目からうろこです。僕も自信を付けていただいたコーチの方々に、良きタイミングで出会うことができたと思っています」

 青木「ネガティブなことを言うと人はネガティブになる。脳みそは錯覚、勘違いをするから、指導したことができていない時でも『できている』と言われるとできることもある」

 田中「ポジティブな脳みそにしないと」

 青木「そういう考えの方がプロに向いているかもしれない。三振をして『あーっ』と落ち込んでいる人はなかなか立ち直ることはできない。はい、次!次!と切り替えられるようになるには、日々のポジティブシンキングがすごく大事」

 田中「学生は4年しかないですから、いかにチャレンジさせられるかですね。今日は貴重なお話をありがとうございました」

青木宣親(あおき・のりちか) 1982年1月5日生。37歳。日向高校(宮崎)から早大を経て、04年にドラフト4巡目でヤクルトに入団。2年目の05年にシーズン200安打を達成。2010年にも達成し、史上初2度のシーズン200安打をマーク。新人王、最多安打2回、首位打者3回、盗塁王1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞6回。2011年オフにポスティングシステムを利用し、メジャー移籍。ブルワーズ、ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズ、アストロズ、ブルージェイズ、メッツと渡り、昨年ヤクルトに復帰した。06,09,17年WBC日本代表。

田中浩康(たなか・ひろやす) 1982年5月24日生。36歳。尽誠学園(香川)から早大を経て、05年にドラフト自由枠でヤクルト入団。粘り強い打撃と堅実な守備で活躍した。16年オフに戦力外通告を受けてDeNAに入団。二塁手でベストナイン2回、ゴールデングラブ賞に1回。通算302犠打は歴代5位。noteで有料マガジン「セカンド・ライフ」を執筆中。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」