野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は初の450億円プレーヤー候補!? 米メディア選出「彼が達成するかも」

大谷翔平は初の450億円プレーヤー候補!? 米メディア選出「彼が達成するかも」

ナショナルズからFAとなっていたブライス・ハーパー外野手は、13年総額3億3000万ドル(約368億8400万円)でフィリーズに加入した。オフ最大の注目を浴びていたスーパースターの去就は、米スポーツ史上最高総額での大型契約という形で決着。米国では、初の4億ドル(約447億1000万円)プレーヤーが誰になるかに注目が集まっており、米メディアはエンゼルスの大谷翔平投手も候補に挙げている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「最有力候補」はトラウトも…大谷は2023年オフに450億円プレーヤーに?

 ナショナルズからFAとなっていたブライス・ハーパー外野手は、13年総額3億3000万ドル(約368億8400万円)でフィリーズに加入した。オフ最大の注目を浴びていたスーパースターの去就は、米スポーツ史上最高総額での大型契約という形で決着。米国では、初の4億ドル(約447億1000万円)プレーヤーが誰になるかに注目が集まっており、米メディアはエンゼルスの大谷翔平投手も候補に挙げている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 当初、史上初の4億ドルプレーヤー誕生に向けて期待がかかっていたハーパーだが、最終的には総額3億3000万ドルで契約。ジャンカルロ・スタントン外野手が2014年オフにマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドル(約363億2200万円)を上回り、史上最高総額を更新したものの、“大台”突破はならなかった。

 これを受けて、米テレビ局「CBSスポーツ」電子版は「ブライス・ハーパーは4億ドルに達しなかったが、マイク・トラウトや他の候補たちがすぐに近づくかもしれない」とのタイトルで特集を組んだ。

 記事では「ブライス・ハーパーのフィリーズとの3億3000万ドルの契約は、年平均で最高額とならず、インフレ調整をしたら、最高の総額とならない。しかし、MLB選手に与えられた史上最高総額である」とした上で「MLBで最初に4億ドルの契約を手にする男が現在メジャーリーグでプレーしていない可能性もある。その男はプロスペクトかもしれないし、まだアマチュアかもしれない。しかし、インフレ率を考慮すると、最初に4億ドルに達する選手はすでにメジャーで能力を証明している可能性の方が高い」と言及。そして、「そうした観点から、最初の4億ドルプレーヤーになる主要候補たちを見てみよう」として、「最有力候補」「他の候補者」「次世代候補」「大穴候補」に分け、初の4億ドルプレーヤーの候補となるスター選手の計8人を選出した。

「最有力候補」はメジャーNO1プレーヤーの呼び声高いマイク・トラウト外野手(エンゼルス)。「他の候補者」にはムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)、アレックス・ブレグマン内野手(アストロズ)、カルロス・コレア内野手(アストロズ)、フランシスコ・リンドーア内野手(インディアンス)の4人、「次世代候補」にはロナルド・アクーニャJr.外野手(ブレーブス)、フアン・ソト外野手(ナショナルズ)の2人が挙げられた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」