野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J稲葉監督、9回暴走の京田を責めず「どんどん失敗していい。トライしていこう」

野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦し、2-4で逆転負けを喫した。一時は2点のリードを奪った侍ジャパンだったが、7回に松永(ロッテ)が逆転を許して敗れた。

オリックス・吉田正尚(左)を迎え入れた侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】
オリックス・吉田正尚(左)を迎え入れた侍ジャパン・稲葉監督【写真:Getty Images】

メキシコとの強化試合で逆転負け、自らの采配を反省「打線の組み方が違った」

■メキシコ 4-2 侍ジャパン(9日・京セラドーム)

育成年代にもトップチームにも共通― 斎藤雅樹氏が考える、国際大会で選手に必要な要素とは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦し、2-4で逆転負けを喫した。一時は2点のリードを奪った侍ジャパンだったが、7回に松永(ロッテ)が逆転を許して敗れた。

 2点を追う9回1死一、二塁。上林の大きな右飛で一塁走者・京田もタッチアップで二塁を狙ったが、メネセスの好返球にタッチアウト。同点機だっただけに、暴走とも取られかねないが、試合後の稲葉監督は決して責めることはしかなった。

「みんな積極的に次の塁を狙う。その姿勢もあった。当然、失敗した部分もありますけど、どんどん失敗していいので。トライしていきましょうと。それで消極的になるのが一番良くない。切り替えてやっていこうと(選手に)話をした」

 むしろ指揮官が悔やんだのは自らの打線の組み方だった。この日は1番に上林誠知(ソフトバンク)、2番に西川遥輝(日本ハム)を置き、4番には岡本和真を起用。7番には19歳、村上宗隆(ヤクルト)を抜擢した。打線は初回に吉田の適時打で先取点を挙げたが、なかなかつながらなかった。

「この1戦目の緊張感のある中で先取点を取れた。その後につながらなかったのは打順の組み方が違ったのかなと。その辺が反省」

 10日もメキシコとの強化試合が行われる。今秋のプレミア12、2020年の東京五輪へ貴重な実戦機会となる。

「メキシコの選手は投手も野手も非常に振れている。投手も強い球を投げていた。手強い相手になる。とにかく負けてしまったので、明日切り替えて勝つことを目指していきたい」

 敗戦にも指揮官は決して下を向くことはなかった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」