野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト青木&バレンティンが初回からアーチ共演 2発で逆転に成功

ヤクルト・青木宣親外野手とバレンティン外野手が19日、広島とのオープン戦(神宮)の初回にアーチ共演をした。

ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】
ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】

広島が初回に3安打で2点を先取も、ヤクルト強力打線で奪い返す

■ヤクルト – 広島(オープン戦・19日・神宮)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルト・青木宣親外野手とバレンティン外野手が19日、広島とのオープン戦(神宮)の初回にアーチ共演をした。

 広島に2点を先取されたが、1回裏、ヤクルト先頭の坂口が左前安打で出塁。続く「2番・指名打者」で先発出場した青木が広島先発の野村の3球目の直球をとらえ、右翼へオープン戦第1号同点2ランを放った。

 1死後、今度は「4番・左翼」で出場のバレンティンが初球のカーブを完璧にとらえ、センターへ2号ソロ。本塁打攻勢で3点を奪い返し、一気に逆転に成功した。

 打線につながりを見せている両チームのオープン戦は初回から点の取り合いとなっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」