野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島・小園がオープン戦初スタメンで会心の一発 開幕1軍へアピール弾

広島ドラフト1位ルーキーの小園海斗内野手(報徳学園)が21日のヤクルト戦(神宮)でオープン戦初スタメン。9回の第5打席でヤクルトの守護神・石山から右翼席にオープン戦2号2ランを放った。

広島・小園海斗【写真:沢井史】
広島・小園海斗【写真:沢井史】

スタメン抜擢も4打席までヒットはなかったが、9回に意地の2号2ラン

■ヤクルト – 広島(オープン戦・21日・神宮)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島ドラフト1位ルーキーの小園海斗内野手(報徳学園)が21日のヤクルト戦(神宮)でオープン戦初スタメン。9回の第5打席でヤクルトの守護神・石山から右翼席にオープン戦2号2ランを放った。

 打った瞬間にスタンドインを確信できる一発だった。小園はこの日、「1番・遊撃」に抜擢されたが、第3打席目はいい当たりの右飛も、第4打席まで遊ゴロ、一ゴロ、右飛、三振とヒットが出ていなかった。

 迎えた第5打席。坂倉がヒットを放ち、迎えた1死一塁。石山の高めの直球を完璧にスタンドへ運んだ。3月3日の西武とのオープン戦(長崎)で武隈から放って以来のアーチ。この日は田中、菊池ら主力がスタメンから外れ、緒方監督からチャンスをもらった中での一発。開幕1軍入りへアピールした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」