野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

マルチ、好捕…開幕1軍手繰り寄せたロッテ藤原 躍動の陰にあった過去の反省

ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大外野手が21日、「1番・中堅」でスタメン出場。初回に先制の起点となる右翼二塁打を放つと、続く2回にも中前安打を放ち、オープン戦自身初となるマルチ安打を記録した。

ロッテ・藤原恭大【写真:安藤かなみ】
ロッテ・藤原恭大【写真:安藤かなみ】

前日の2三振、約1週間前に起こした守備のミス…すべてを糧に成長

■ロッテ 3-0 阪神(オープン戦・21日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテのドラフト1位ルーキー・藤原恭大外野手が21日、「1番・中堅」でスタメン出場。初回に先制の起点となる右翼二塁打を放つと、続く2回にも中前安打を放ち、オープン戦自身初となるマルチ安打を記録した。

 祝日の阪神戦ということもあって、来場者1万8038人が詰めかけたZOZOマリンスタジアムで両チームのファンともに注目するゴールデンルーキーが躍動した。

 13日のヤクルト戦以来、7試合ぶりに1番打者として打席に入った藤原。カウント1ボール2ストライクと追い込まれてからの4球目。阪神先発・馬場皐輔投手が投じた真ん中付近133キロのスプリットをとらえ、右翼二塁打を放ったが、これには前日の打席が大きく影響を及ぼしていた。

「前日に変化球で三振に取られていたので、まっすぐと変化球をしっかり頭に入れて打ちました。結果論ではありますが、前日の三振が生きたのだと思います」

 前日の2三振はいずれも追い込まれてからの変化球にバットが空を切っていた。この日は「2球目まではまっすぐをしっかり待とうという意識で。(その後は)厳しい球はカットしてというイメージで」打席に入り、初回にチームの先制点を呼び込んだ藤原。続く2回の第2打席も変化球をとらえて中前打を放ち、オープン戦では初、練習試合を含めれば、2月14日のラミゴ戦(3安打)以来のマルチ安打を放ったほか、第3打席では四球を選び出塁し、盗塁も決めて見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」