DeNA京山、開幕ローテ入りアピール 急遽の先発も4回2失点「チャンス」

西武とのオープン戦に登板したDeNA・京山将弥【写真:荒川祐史】
西武とのオープン戦に登板したDeNA・京山将弥【写真:荒川祐史】

先発予定だった飯塚が右肘の張りで回避

■西武 4-3 DeNA(オープン戦・23日・メットライフ)

 DeNAの京山将弥投手が23日、メットライフドームで行われた西武とのオープン戦(メットライフ)に先発した。当初先発予定だった飯塚悟史投手が右肘の張りを訴え、急きょ先発を回避。24日に2軍戦に先発予定だった京山が代役としてマウンドに上がり、4回を投げて2失点(自責は1)にまとめた。

「四球が多く、自分のリズムを作れなかった」と悔やんだ一方で「まっすぐを意識していたし、それで押していくのは課題だった。走者を出してからズルズル行くことなく、粘り強く投げられたのはよかった」と手応えも感じたようだった。

 突然の先発チャンスは、前日のファームでの練習終わりに通達された。「チャンスだと思う。内容に満足はしていないけど、思っていたことはできたし、次につながるピッチングだった」と胸を張った京山。転がり込んだチャンスを掴んで、先発の座を射止めることになるのか。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY