野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • ワークショップで出たアイディアを商品化へ――DeNAが仕掛ける野球と日常の融合

ワークショップで出たアイディアを商品化へ――DeNAが仕掛ける野球と日常の融合

スポーツを軸とした新しい街づくり「横浜スポーツタウン構想」に取り組むDeNA。ベイスターズ、そして横浜スタジアムを発信源とし、既存の概念に囚われない様々なプロジェクトを仕掛けている。横浜スタジアムがある横浜公園に隣接する「THE BAYS(ザ・ベイス)」の2階にあるシェアオフィス/コワーキングスペース「CREATIVE SPORTS LAB」では、2月20日に興味深いワークショップが開催された。

「CREATIVE SPORTS LAB」でワークショップが開催された【写真:佐藤直子】
「CREATIVE SPORTS LAB」でワークショップが開催された【写真:佐藤直子】

参加者から生まれた野球と公園、日常生活をつなぐアイディア

 スポーツを軸とした新しい街づくり「横浜スポーツタウン構想」に取り組むDeNA。ベイスターズ、そして横浜スタジアムを発信源とし、既存の概念に囚われない様々なプロジェクトを仕掛けている。横浜スタジアムがある横浜公園に隣接する「THE BAYS(ザ・ベイス)」の2階にあるシェアオフィス/コワーキングスペース「CREATIVE SPORTS LAB」では、2月20日に興味深いワークショップが開催された。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 横浜のパークライフを考えるシリーズイベント第3弾として行われたのは、「公園がもっと身近に、楽しくなるプロダクト」の開発会議だ。過去2回のイベントでは、日本各地で面白い公園作りを手掛けている達人を講師に招き、公園や道など公共空間が秘める可能性や活用法などについて考察を深めた。

 ベイスターズが拠点とする横浜スタジアムは、JR関内駅に隣接する横浜公園の一角に位置し、観光名所として知られる山下公園・大さん橋エリアには日本大通りでつながっている。球場で生まれる盛り上がりを地域に広めていくには格好のロケーションだ。そこで、横浜スタジアムが「コミュニティボールパーク」として持つ可能性を考え、そこから得た野球と公園、日常生活をつなぐアイディアをグッズやイベントなどの「商品=プロダクト」という形で具現化しようというのが、今回のイベントだった。

 さらに、このイベントには球団から執行役員・事業本部本部長の木村洋太氏、事業本部MD部で商品企画開発を担当する山中勝美氏が出席。ここから生まれたアイディアの中から、優れたものは実際に商品化を目指すという、参加者の意欲を掻き立てるものとなった。

 前半は、ゲストとして参加した杉崎栄介氏(横浜市芸術文化振興財団)と飯石藍氏(公共R不動産)から、両氏が取り組むプロジェクトの紹介を通じ、球場や横浜公園を中心とした街を楽しむためのヒントがレクチャーされた。続いて、横浜を拠点とするクリエイターら5人のプレゼンターが、自身の考えたプロダクトについてプレゼンテーションを実施。球場に散らばるゴミからヒントを得たデポジット弁当箱、横浜スタジアムの形状からアイディアを得たビニルプールなど、発表された斬新かつ奇想天外なアイディアの数々に、参加者からは驚きの声と笑いが起きた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」