野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

支配下登録の周東、韋駄天で1軍アピールだ「やっとスタートが切れた」

ソフトバンクの周東佑京内野手が26日、支配下選手契約を結んだ。新しい背番号は「23」に決まった。

支配下契約を結んだソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】
支配下契約を結んだソフトバンク・周東佑京【写真:藤浦一都】

昨季ウエスタントップ27盗塁 工藤監督「可能性は非常に高い」

 ソフトバンクの周東佑京内野手が26日、支配下選手契約を結んだ。新しい背番号は「23」に決まった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 東農大オホーツクから17年育成ドラフト2位で入団して1年。念願の支配下登録を勝ち取った周東は「やっとプロとしてのスタートが切れました。(支配下決定の話を聞いた時は)うれしくてニヤケが止まりませんでした」と素直に喜びを表現した。

 昨季はウエスタン・リーグトップの27盗塁をマークした。「ホークスの『23』といえば足が象徴。『23は周東』と全国の皆さんに覚えていただけるように。これからは支配下選手としての責任をもってやっていきたい」。会見後には「オープン戦に入ってから結果を出さなきゃと思っていましたが、全然打てなくて正直やばいと思っていました。今回が(支配下登録の)ラストチャンスと思っていたので本当によかったです」と本音を吐露した。

 工藤公康監督は周東について「キャンプからずっとA組でやってきて紅白戦でも結果を出した。内野と外野も守ったし、足というところでコーチの評価も高くて、ぜひ支配下でという声もあった。足りないところはあるが、僕自身も可能性は非常に高いと思っている」と期待を込めて語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」