野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「彼を見て育ってきた」―イチローに3000安打目を打たれた男が抱く“誇り”

「彼を見て育ってきた」―イチローに3000安打目を打たれた男が抱く“誇り”

21日のアスレチックス戦(東京D)を最後に現役を引退したマリナーズのイチロー外野手。19シーズンに及ぶメジャー生活で打ち立てた数々の金字塔が再評価される中、米メディアではMLB史上30人目の3000安打目を放ったときの相手投手にスポットライトを当てている。

マーリンズ時代にロッキーズのクリス・ラシンから3000本目となる安打を放ったイチロー【写真:Getty Images】
マーリンズ時代にロッキーズのクリス・ラシンから3000本目となる安打を放ったイチロー【写真:Getty Images】

米経済紙が特集「イチローの最終打席のヒットは歴史的で忘れられないもの」

 21日のアスレチックス戦(東京D)を最後に現役を引退したマリナーズのイチロー外野手。19シーズンに及ぶメジャー生活で打ち立てた数々の金字塔が再評価される中、米メディアではMLB史上30人目の3000安打目を放ったときの相手投手にスポットライトを当てている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「イチローの通算3000本安打はクアーズ・フィールドにて、ロッキーズのリリーバー、クリス・ラシンから放った」

 こう特集したのは米経済紙「フォーブス」だった。

 メジャー通算2653試合に出場した背番号51は、3000安打目を放ったクアーズ・フィールドでは通算19試合に出場。記事によると、そのうち先発は11試合で、56打数14安打の打率.250だったという。標高1600メートルの高地にあり、気圧が低く打球が飛ぶため打者有利の「ヒッターズパーク」として知られるクアーズ・フィールド。背番号51としては意外なほど低い通算成績となっているが、メジャー史上最も重要とも言える一打を同地でマーク。記事では「イチローのヒットは歴史的で忘れられないものだ」と振り返っている。

 マーリンズ時代の2016年8月7日、敵地クアーズ・フィールドで行われたロッキーズ戦の7回1死走者なしの場面で、イチローは左腕クリス・ラシンのカットボールを完璧に捉えた。ライトフェンス直撃の三塁打。MLBの歴史に刻まれる3000安打達成の瞬間、コロラドのスタンドではスタンディングオベーションが沸き起こった。チームメートはダグアウトから総出で三塁上のイチローを称え、ロッキーズのダグアウトからも選手とスタッフの拍手が送られた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」