広島リーグ4連覇に向け白星発進! 大瀬良が8回無失点の快投、丸を4Kに抑える

巨人の菅野は7回1失点の好投も打線の援護なく開幕黒星

■広島 5-0 巨人(29日・マツダスタジアム)

 広島は29日、本拠地マツダスタジアムで行われた巨人との開幕戦を5-0で勝利した。初の開幕投手を務めた大瀬良が8回7安打無失点の快投を見せ、巨人菅野との投げ合いを制し今季初勝利を挙げた。

 初回、先頭の吉川尚に二塁内野安打を浴びたが坂本、丸を連続三振に仕留めると女房役の会沢が吉川尚の二盗を阻止し無失点。2回以降もランナーを背負いながらも粘りの投球を見せ打線の援護を待った。

 すると3回。先頭の安部が右翼席へ今季1号となるソロアーチを放ち広島が先制に成功。その後は菅野、大瀬良の息詰まる投手戦となりスコアボードには「0」が並んだ。

 広島は8回に野間のタイムリー内野安打、会沢の2点適時打などで一挙4点を奪い試合を決めた。大瀬良は8回7安打無失点の好投を見せ降板。9回は守護神・中崎が締め開幕戦を勝利で飾った。巨人は先発の菅野が7回4安打1失点の好投も打線が援護できなかった。

(Full-Count編集部)

JERAセ・リーグAWARD

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY